経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年11月13日

【トップの仕事】いつまで自分が社長をするのか?

サラリーマン社長の場合は、任期が概ね決まっていますので、その間に会社に何か残そうと頑張ります。目標や目的が明確なため、やりやすいと思います。

ところが中小企業の場合、社長の任期はあってないような感じ。後継者が出て来るまでは自分がやらないといけません。特に、オーナー企業の場合、悩みは深刻です。

息子に後を継がせたいと思っておられますが、まだ早い。譲るにしても必ず中継ぎが必要になってきます。息子さんが順調に成長するまでの期間、老体に鞭打って自分が会社を支えるのか、あるいは他人に一度任せるのか、悩みは尽きないと思います。

いずれにせよトップの仕事は、自分の任期をどこまでと考えるかが一番大事です。計画通りに行かないのもわかりますが、ダラダラといつまでも社長でいると会社が成長発展しなくなります。

小さく今のままで、力相応に頑張れば良いというのであればそれも良いかもしれませんが、現状維持は即衰退につながるのも事実です。持ちこたえて行くには、何らかのアクションを起こさないと事業継続が難しくなります。

社長の仕事は、後継者を探すこと、後継者を作ることです。常に頭の中にはあっても何か行動を起こさないと見えてこないと思います。

社長の代わりがすぐ見つかる訳はないですが、誰が社長をやってもある程度業績が維持できることが大事です。そのような体制を作って行くことが大切です。

一人の方が、あまり永く社長をやらないことも企業存続の一つの大きな要因かも知れません。良い意味での社長交代を繰り返すことが会社を強くします。

いつまで自分が社長をするのか?
それが見えた時、決断できた時、会社は伸びるような気がします。

それといつまでも社長に頼り過ぎるのも良くないです。従業員の意識付けのためにもいつかは代わることも認識していただいた方が良いと思います。

社長にしかできない仕事があります。
自分の社長としての任期は、自分で決めることが大事なような気がします。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:トップ 社長
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック