経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年11月02日

【直営店の数字を上回っているFC加盟店の秘密】本部が作成した緻密な計画書を上回る数字が出せるのはなぜか?

直営店の数字を上回っていること。これに尽きます。いろんなFCチェーン店を見せていただきましたが、どの業種においても直営店の経営数値が抜きん出て良いです。

一番立地の良いところに大型の直営店を作っているからという理由が当てはまりそうで当てはまりません。なぜかと言いますと、FC加盟店で不振店は本部が買い上げたりサポートされているようですが、直営になった瞬間、数字が変化します。だから立地や店舗規模だけが成否を分けるということではないようです。

想定された計画通りに直営店は、経営をします。特に在庫に関してはシビアに管理していますので、数字に表れやすくなります。

ところが、優秀なFC加盟店が世の中にはあります。それはどんな店かと言いますと、直営店の数字を超えているのです。これには何度か驚かされました。本部からの計画書の数字を遥かに超えています。

FC大会などでも表彰対象です。いつもモデル店。直営店がモデルではなくFC加盟店がモデルの場合があります。

理由はいくつか挙げられます。オーナーの方の経営に対する情熱がまずあります。サラリーをいただいているのではなく、自分の店なので精一杯頑張ってそこから報酬を何とか得ようとされます。時間や労力に限界や壁なんてないです。自分が思い通りの形になるまで、一所懸命されます。

開店時間や閉店時間は、本部が決めたもの。実際の営業時間を崩さなければ、前準備や翌日の準備などいくらやってもかまいません。それに店を持てたという安心感よりも不安が先に立ち、競合店などを調査・勉強に行かれます。

本部の言うことを守っていれば、概ね計画通りの数値を達成するだろうという甘い考えはそこにはないです。

本部から出された緻密な計画書に、自分なりの独創性で店を経営して初めて直営店を上回ります。

ほとんどのFC加盟店は、計画書の数値が目標です。ところが直営店の数値を超えている店は、最初から計画書は当たり前の数字で直営店で一番良い数字の店が目標です。

店舗規模の関係上、売上で一位というのは難しいですが、その他の経営数値で比較した場合、必ずそれを上回ってやろうと必死です。

特にその数値が顕著に表れるのが、粗利率です。直営店は本部からの指示がダイレクトに来るために粗利率のブレが少なく、経営が安定しています。その直営店の粗利率を0.1%でもどうやってアップさせるか、それが楽しいともおっしゃいます。

もうこの域に来れば、商売が楽しくて仕方がないと言った感じです。計画書を目標をしていたのでは良くないということがわかります。目標は一番の店を抜くこと。この気持ちがないと、良い店はできないような気がします。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック