経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年10月09日

【必ずメインメニューで集客】焼肉屋さんは肉を売ろう!

例えば焼肉店さんの場合、魚介や野菜の商品数の追加は必要でしょうか?
サラダはどうでしょうか?

よくオーナーさんからは、もし肉が食べれない人が来られるといけないので、魚介類も置いておきたいとおっしゃいます。サイドメニューも充実したいので、チヂミやイカフェなどバリエーションを増やしたいとおっしゃいます。

さらに、女性やファミリーのためにサラダも増やしたとおっしゃいます。おっしゃることはすべて正しいかもしれません。しかし、それで集客につながるのか、商売になるのかということです。

肝心の肉が売れないのに、他のメニューを強化しても売れないと思います。焼肉店には、肉を食べに来られています。まずは肉で集客できるようにしないといけません。サイドメニューを増やしても集客アップにはならないでしょう。

ついつい陥ってしまうことですが、業績が悪くなればメニューの追加を考えます。それを起爆剤にされようとされますが、本来の主力メニューに磨きがかかっていないと効果は薄れます。

またメニューを増やすと、在庫が増えますし、オペレーションも難しくなる場合があります。まずは今のメニューの見直しをすることが必要です。

迷い始めると、いろんな方に来て欲しいという発想になります。だから、焼肉店で魚介類や野菜類のメニューを増やし客層の幅を広げようと考えてしまいます。

今の若い焼き肉好きの方は、肉しか食べません。白いご飯を飲むように肉だけを黙々と食べています。成人男子も肉をつまみながらお酒です。肉が嫌いな方、野菜が食べたい方が焼肉店には来ないでしょう。

飲食業は、常にメインメニューで勝負すること。絶対にブレないことです。
売上が悪くなったり、客数が減ると必ずメインメニューに帰ることが大事です。

他人の芝生は青く見えます。あんなこともやってみたいなぁと思うかもしれませんが、何が今大事なのかを考えるべきです。業績が回復すると、何でもやりたいことはできます。

店舗活性化のためには必ず順序があります。それを間違わないようにされてはと思います。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック