経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年09月21日

【競合対策について】大手競合店が出店してきたどうしますか?

隙間を探して、生き延びる方法を考える。
逆に、即撤退。どちらが現実的なのでしょうか?

昔は、競合対策をあれこれと練り、どんなことがあっても負けないように戦略を考えました。

実際、同一商圏内に同業他社が参入してくると、自店のシェア及び売上は落ちます。売上が落ちても損益分岐点を下げ、利益が出る状態を維持できればよいですが、それが努力しても無理な場合は他の戦略を検討することが必要となってきます。

逃げるのは良くない、まずは戦ってみてからというのもわかりますが、予想を立ててみて、もし利益が出ない状態とわかっているなら、次善の策が必要です。気持ちだけでは経営はできません。裏付けされた数字が大事です。

少しでもマーケットが大きくなっているなら良いですが、業界動向も市場動向も良くないのであれば、大きく変化することも考えられてはと思います。変革するチャンスと捉えて、将来や経営のことを見直されてもと思います。

以前は勝つための戦略が主でした。しかし、世の中の時流が少しずつ変化してきていると思います。勝つためだけでなく、他の選択肢も本当はあるはずです。自分や家族が幸せになるためにどの選択肢がベストなのか、無理のない範囲で考えることも大切ではないでしょうか?

勝つため以外の戦略提案、それがあっても良いのではと考えます。
選択肢は勝つしかない、勝たないと生きて行けないかのような思い込みはどうなのでしょうか?

競合店が出て来る時こそ、人生や将来について考え直す良い機会です。勝つだけでなく、それ以外の目的を見つけられてはと思います。

競合対策とは、競合店に勝つための戦略だけでなく、幅広く現状を見直すことのように思います。

無理をせず、将来を未来を再設計されてはいかがでしょうか?


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:競合対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック