経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年09月15日

【業績不振店の特徴】同業店の仲間の名簿100件ありますでしょうか?

同業者の方とのお付き合いが少ない。意外とこのことが不振理由であったりします。

「競合店はどこになりますか?」というのはよくお聞きする質問だと思います。この質問に対しては、皆さんスラスラと数件出てきます。

では、「あなたの同業店のお付き合い先や仲間はおられますか?」とお聞きした場合、お店の名前が出てきますでしょうか?

おそらく以下のようなお店は出てくると思います。
近所のお店。
ランチでお世話になっているお店。
閉店後、近くで一番遅くまでやっているお店。

それ以外に、
自店と同じ業種のお店で情報交換をさせていただいているお店や勉強させていただいている師匠のようなお店はありますでしょうか?

何か少しでもおかしいなぁと思えば、電話をかけ状況を確かめる。また、新メニューの開発や情報収集のために、仲間のお店の方に知恵をいただく。

実はこのような同業者の方とのお付き合いが広い方ほど成功されています。小さなお店であればあるほどこの傾向が強いです。

自分だけ自信のあるものを出していればお客様は来てくれるだろうというのは少し甘いのではと思います。お店が繁盛するのと比例して、同業者の仲間の店も増えて行かれます。

自分からお伺いしたり、向こうから来られたりしながら・・・

このことは私たちコンサルタントの仕事ではないです。例えば紹介させていただいたとしても相性が合うかどうかわかりません。お互いが心を開いて話ができる関係を自然と作らないと意味がないです。

だから極力、他の店をのぞきに行って下さいとお願いします。常連客や顧客履歴以上に、同業の方の仲間作りが大切です。


仲間同士で、毎月、一つの店に集まり談義するのも良いです。集合する店の方は、仲間の方にお客様の立場であれこれ指摘いただければ覆面調査以上の価値があります。

お互いプロの目で指摘し合うことができることが一番のメリットです。また会を開けば、それだけ店は売上が増えます。

顧客名簿は最低2000件と言われますが、同業店の仲間の名簿100件ありますでしょうか?

顧客を増やすのも良いですが、仲間も必ず増やして下さい。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン


ラベル:同業 仲間
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック