経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年09月12日

【小手先の技術論が面白くなくなる瞬間】より哲学的になる

最初は、目先の技術論であったり、小手先のノウハウに興味を示すものです。私もそうでした。少しでも売上につながるヒントがないかと探していたような気がします。

本や資料になければ、実際にクライアント先の現場で探してきます。でもこれが経営コンサルタントの仕事なので当たり前かもしれませんが、今でも必死に探し求めています。

ただし、「本物の経営コンサルタントというのは、小手先の技術論に対する興味が薄れた時だよ」と言われました。当時は何のことやらさっぱり・・・
クライアント先の業績を上げるためのネタ集めのどこがいけないのかと思っていました。

ところがお付き合い企業先が1000件も超えると、違った目で見るようになります。もう少し広い視野で物事を判断したり、そのことに興味が沸いてきます。目先の業績だけではなく、3年後・5年後を見通す力や企業を存続させるためにはどうしたら良いのかを考えるようになりました。

そうすると、数値だけの計画書や話だけではなく、より哲学的な話になって行きます。

経営に対する理念や思想。あるいは会社に対する思いを具体的にどう表現するかなど、哲学的な要素がだんだん出てきます。

本来の会社経営というのは、目先の数字を追いかけるだけではなく、この哲学的な部分を自分の中で創って行くことの方が大事ではないかと思うようになりました。

技術や数字の話をするだけでは一流の経営コンサルタントではないと言われます。自分で培った自信のあるノウハウを持っていても同じです。そこから、会社経営にとって何が大事なのかを伝える力が大切だと思います。

最近、この本を読みました。
「社長になる人に知っておいてほしいこと」松下幸之助[述] PHP研究所[編]




素晴らしい経営者の方ほど、技術論的なことは書かれていません。自然とそうなるのだと思います。おそらく興味の範囲が変わってくるのでしょう。

わたしもそろそろ注意して、舵を切ろうと思っています。腕の良いコンサルタントというのは、技術・ノウハウを持っている人ではなく、会社を診れる人のことを言うのではと思います。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック