経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年09月07日

【社内活性化の一案】心地よい競争感を創ろう!

競争が嫌なのか、競争を避けているのか?

会社から競争がなくなった?
ガツガツと同期のライバルを意識して仕事をする人が少なくなったように思います。少しでも早く出世してやろうと皆頑張ったものですが、どうもそれが薄れてきているようです。

それがまた業績低迷の原因にもなっているようです。
競争そのものが善とか、悪とかというのではく、程よい競争感というのは必要だと思います。

競争状態になると人間関係が難しくなるから、皆で暗黙のうちに歩調を合わせる。あるいは、この会社は競争がなさそうだから希望しましたという方がおられるくらいです。

なるべく競争状態にはならないように避けている感じが受け取れます。しかし、厳しい競争社会を生き抜いて行く上では、大切な経験だと思います。

全く競争をせずに皆が幸せでいれるという甘い環境は世の中にはないのではないでしょうか。少しでも会社のため、世の中のために良くなろうと努力することが大切です。そうすると必然的に他社や他人が目に入って来ると思います。そこでどう生きるかです。

若いうちから競争を否定的に見ていると、実力が付かないのではと心配です。非競争の境地に至るのは年を取ってからでも良いのではと思います。

無理や無茶はいけませんが、心地よい競争感はあった方が良いと思います。目標や目的が明確になり、逆に生活が楽しくなると思うのですが・・・

ガチンコ勝負ではなく、この心地よい競争感を企業が社内で創って行くことが課題になっているような気がします。

社内で競争がなくなると業績は低迷期に入るでしょう。競争を否定せずに内包する、そんなあり方が求められているようにも思います。

若手の奮起を促さないと、会社は成長しません。若いうちから安定志向では困ります。

心地よい競争を社内で意図的に創って行く時代になったような気がします。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:競争
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック