経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年07月30日

【企業経営者の悩み:借金の問題】貧乏はしても借金はしたくない

業績や売上の大小も気になりますが、最も気になるのが借金の問題。
会社は売上が減っても利益が減ったとしても潰れません。返済できなくなった時、倒産です。

個人的にも大きな借金や負債を抱えたまま経営したくないです。常に頭のどこかに残るものです。

中小企業経営者の場合、決算書もPLではなく、BSが気になるところ。ただし、PLの数値改善はすぐに自助努力でできますが、BSの場合は自助努力だけでは済まないことが多いです。

結局、苦戦されている経営者の方々は、「貧乏はしても借金はしたくない」とおっしゃいます。貧乏であっても希望を持って経営に当たっていれば、いつしか良い時が来るかもしれません。

しかし、借金は待っていても減るものではないです。逆に膨らむ一方。
この状況から脱したいというのが本音だと思います。

事業を立ち上げたり、新規投資をされる時は大きな夢を持って借入を行われたと思いますが、いざスタートすると予定通り行かないものです。

貧乏状態も長くなると脱出口が見えなくなりますが、大きな借入がないならリスクは小さいです。貧乏でも過剰債務状態にならないように事業運営することが理想ではと思います。

何か新しいことに着手しようとする場合、内部留保で賄えれば良いですが、ほとんどが新規の借入。返済計画は計画であって、実現可能性を保証されている訳ではないです。

返す事ができなくてまた借入という悪循環に陥ります。

今のような景気の悪い時には、売上や利益を上げる以上に、借入の金額を少なくしたり、返済金額を少なくすることが大事ではと思います。


長期的なトレンド考えてみますと、この借入の金額の大小が企業経営を左右しそうな気がします。


ツイッターはこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:借金 返済 経営者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック