経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年07月03日

【成功者の分岐点】専門知識だけではプロとは言えない時代

どの分野、どの業種においても言えることだと思います。世の中には頭の良い方はたくさんおられます。学歴や経歴の素晴らしい方もいっぱいいます。免許を取得されて成果を出されている方もおられます。

でも昔のように深い専門知識を持つことによって優位性を保ったり、差別化を図れるという甘い環境ではなくなってきました。

専門知識は、持つことがあくまでも通過点。それをどうやって活かすかがプロの世界。

我々コンサルタント業界も同じです。良い仕事をすること、クライアントを満足させることだけでは、長期に渡ってクライアントとお付き合いすることはできないと言われます。

また、優れた仕事をした上で、公私にわたりクライアントとの関係を構築できた人がさらに信頼感を築き、次のステージへ上がると言われます。

例えば、中小企業や個人店の場合、最初は当然経営の診断・アドバイスから入らせていただきますが、そのうち親族の身の上相談であったり、健康に関する相談ごとが出てきます。さらにはお子さんの受験などについても・・・

杓子定規に自分の業務範囲内のことを淡々とこなしていれば大丈夫ということはないです。お客様は専門知識以外の人間の器や幅まで観察されており、期待されています。

あの人と話していると楽しいなぁとか、顔を見ているだけで何かやる気が出てくるとか、他の要素も大事なようです。

専門知識を持っている事をアピールしてもそれは当たり前の世界です。そこからどんなプラスアルファを提供できるかが鍵です。

専門知識を持つことではなく、プロを目指さないといけないということでしょう。プロになって初めて飯が食えると言われます。

知識は持つものではなく活かす事。

お金をいただけるのは知識に対してではないです。プロの仕事をしたからいただけるものです。

やはりプロを目指さないと・・・・

プロと言われる人こそが、必要とされている人のような気がします。


ツイッターはこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:専門知識 プロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック