経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年06月22日

【時代の最先端とは?】大手Web会社がアナログを見直し始めた!

Web戦略を構築しようと思えば、優秀なスタッフ・優秀な会社と組めばできるのでは?というのが一般論。頭の良い人が集まれば、素晴らしいビジネスモデルを構築できるのではという期待感が生まれます。

ところがこの素晴らしいビジネスモデル、一つだけ欠陥があります。だれが買うのか、誰が使用するのかです。使用するお客様をどこから呼んで来るのか?

そこで最近目を付けられているのが、コンサルタントと士業の先生方。
理由は簡単、お客様をすでに持っているからです。

完璧なビジネスモデルを構築する以上に、お客様を持っている方とネットワークを組む方が大切だからです。

逆に苦戦する、声がかからないのがWeb会社。Web会社同士の融合は難しいのではないでしょうか?お互いがライバルだと牽制し合っています。それに行き着く先が同じです。

最近は、アナログの必要性が見直されている感じです。Webやネットの時代だからと言って、自らそちらの方向へ向いたり、勉強したりするのではなく、今までの自分のスタイルを変えずに磨き込みをかけることも大事だと思いました。

みんながWebやネットに気を取られているのでアナログの部分が逆に手薄になっていたり、そのような人が少なくなっているのかもしれません。

でもこのことに気づいて戦略を再構築されようとしているのは、流石です。

時代の最先端というのは、新しいことに目を向けるだけではなく、誰も気づいていなかったことに目を向けることだと思います。

自分や自社の立ち位置をどこに置くのか、それが一番大切です。時代の波にさらわれないようにしっかりと戦略を組む必要があります。

他社がやっている、他人がやっているから自分もやらなくてはという発想よりも自分や自社がどうあるべきかを考え直す時期に来ているのかもしれません。

新しい波が起こっているような予感がします。
立ち位置を明確にすることが至上命題のような気がします。


ツイッターはこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:WEB会社 アナログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック