経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年05月18日

【企業再生の現場報告】社内だけでは、良いものはできてもより良いものはできない

ある社長の一言。

言い当てていると思います。デューデリ後の改善改革の実行は自社でやれないこともないと思います。ただし、精度がどこまで上がり、成果がどれだけ出るかとなると疑問です。

それと今までと同じメンバーで改善・改革を行うとなると、大きく変化することが難しくなります。

だから今回は、お願いしますと依頼があるのだと思います。

自分でできる、自分でやったつもりになることが一番怖いです。デューデリ後の実行支援を依頼されるかどうか、そこで決まるように思います。デューデリは調査や精査であって何ら改善・改革ができた訳ではないです。現状がやっとわかったというだけです。

そこから先をどう進めるのかが一番大事です。猶予期間はそんなに残されていないはずです。

社員の方々は、自分たちでできると思っていても、現実はそんなに甘くはないです。計画書通り行かないことが多いです。

また経営改善計画書は、一度書くとそれで終わりではないです。毎年、期末に次年度のものを作成することをおすすめします。

銀行支援を受けなくても良い会社の方が自主的に作られています。作って、わざわざ毎年銀行へ行かれ、説明されます。

おそらく自分への戒めなのでしょう。甘〜い経営をしていてはダメなので、自分に厳しくするためになさっておられます。でもこれが理想のあり方だと思います。

銀行のためではなく、自分のため。

作成したとしても環境変化やマーケット動向で見直すことが出てきます。だから必ず、半期に一度は再精査する必要があります。

それも自社内で行っていては弱いです。同じことの繰り返しになります。外部の方を使ってより厳しい目でチェックされることをおすすめします。

良いものではなく、より良いものにするためにどうすれば良いのか、ベテラン経営者の勘が当たっているような気がします。


ツイッターはこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック