経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年05月05日

【トップの方は要注意】うっかり自分のやりたいことを口に出す

聞いている側はいつかそうしてもらえるものだと、権利の主張をし出します。
「賞与を出したい」
「昇給を行いたい」
とひと言、言うともう出るものだと解釈されます。

上に立つ人ほど、希望・願望が強いです。夢を持っておられます。
少しでも自分の思いを伝えたいと思っておられます。

それでついつい・・・口から出てしまう。

「社長は、以前こういったのに、いつ実現してくれるのですか?」と社員からクレームが来ます。

トップの言葉には重みがあるということです。少しでも早く伝えたい、こうしたいというのはわかりますが、それがアダになることが多々あります。

言ってしまったことはそれに、うっかりでは済まされません。トップの一言で会社がゴタゴタすることになります。

だから決まったことしか言わないように注意して下さい。希望の段階のことは社員には言わないこと。幹部会議の場で留めておくのが良いでしょう。

社員の方と面談ヒアリングをさせていただきますと、社長が言った、言わないの話が結構多いです。でもこれが混乱の火種となります。

ビジョンや夢の話はまだ良いですが、個人のお金にまつわることは絶対に言わないこと。

言った瞬間、近い将来もらえるものだと解釈されます。社員が喜ぶ顔を見たいというのもわかりますが、じっと抑えて下さい。

経営で大事なことは、決まったことのみ情報公開を行うことです。どこから情報が流れたのだろうと言っている状況が一番危険です。


社長の一言で会社は決まります。常に言動には気を付けて下さい。


ツイッターはこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:トップ 社長
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック