経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年04月18日

【良い上司の条件、出世する上司の条件】上手に面接・面談ができること

どこまで聞き役に徹することができるか?

上司と部下の関係で面談を行うと、いつしか上司からの指導・指示に変わっています。できていない部分の指摘から始まり、なぜできないんだ!という話になります。

最初は話を聞くつもりだった上司の方も徐々にテンションが上がり、会社のルール、世の中のルールはこうだ!という話へと変わって行きます。

上司の方の言っていることは間違っていません。常識レベルの話をしているつもりです。しかし、話を聞く側になった部下の方の気持ちはどうでしょうか?

夜の飲み会でも同じことが起こっています。「今日は私が出すから、気を使わずにみんなで行こう!」と誘っても飲み会が始まると状況が変わって来ます。みんなで楽しい飲み会にするはずだったのが、上司の説教に変わります。

昼間あれだけ叱られていたのに、夜もお酒が入ると徐々に指摘・指導から始まり、説教になっています。こうなると、もう2度とこの上司の方の飲み会には誰も参加しないでしょう。

良い飲み会にするのは、一つの法則があります。上司の方はしゃべらないこと。
常に聞き役に回ること。昼間は自分が主役でも夜は部下に主役の座を譲ってあげて下さい。

良い上司の条件、出世する上司の条件は、常に聞き役に回れることです。常識論を相手に押し付けても心を開きません。だから以下のような点に注意して下さい。

1.聞いてあげる
2.質問をなげかける
3.相手に話をさせる
4.相手を主役にさせる
5.相手を気持ち良くさせる
6.対等の立場で話をする(話を聞く場合には上下関係を持ちこまない)

簡単なようで意外とできないものです。できの悪い部下となると余計に、説教に拍車がかかります。

できない部分の指摘の繰り返しでは人は育たないでしょう。このことに気付いた瞬間、部下との接し方、指導の仕方も変わると思います。

いつも正しいことを言うだけが指導ではないです。面接・面談で大事なのは聞いてあげること、相手にしゃべらせること。それがプロです。

よくしゃべる方は要注意。相手の気持ちも考えて、面接・面談に当たられてはいかがでしょうか?




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:面接・面談 上司
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック