経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年04月17日

【常識のない甘えた社員がいる原因】中間管理職の指導力不足ではなく社長の厳しさが足りないのでは?

必要なのはビジネスマナーではなく、一般の社会人としてのあるべき姿を教えることなのかも?

どうも最近、各企業様へ訪問していると思うことがあります。
就業規則以前の話のような気がするのです。規則として書くものでもなく、ビジネスマナーというものでもない初歩的なことができていません。

例えば、朝9時に始業開始であるのに、8時59分にタイムカード押す方がいるとか・・・

結構このことで悩んでおられる管理職の方がおられます。どう対応して良いのかアドバイス下さいと言われます。

規則的には9時までにタイムカードを押せば良いということですが、実際9時1分前に来て仕事が始める状態はできません。

すぐ仕事ができるように余裕を持って出社しないさいと指導してもなかなか直らないとおっしゃいます。

具体的に何分前に出社するのが良いのか、伝えられてはと思います。5分前、10分前には必ず出社させることです。

それと伝達・指導だけでは改善されません。人事考課表の中で、「始業開始時間と同時に良い仕事ができるように十分余裕を持って出社し、準備しているか?」という項目を入れられてはいかがでしょうか?

また厳しい会社では、「10分前に来ない人は、賞与の査定で引きます!」と宣言されるところもあります。

一般の社会人としてのあるべき姿ができていない状態というのは危険な状態です。すべてのことが守られなくなります。社会人とは?ということから始めないといけません。

理想は、厳しい社風を作ることです。何をやっても大丈夫という雰囲気や甘えは禁物です。中小企業での解決策は簡単です。社長がそのような方と1対1で面談を行い、「うちの会社では、始業開始の10分前に出社して準備できない人は雇用しません。」というくらい厳しい姿勢で従業員に接して行くことです。

中小企業では、社長の厳しさが会社の厳しさに直結します。
どのような会社にされたいですか?
常識やルールが当たり前に守られている会社にするには、トップがそのような姿勢を見せるべきです。そこからしか改善はされません。

常識のない社員がいるのは、社長が甘やかしてきたからです。目に付いた人は、いつでも社長に呼んで、厳しく話をして欲しいです。

甘えた社員の創出は、中間管理職の方の指導力不足ではないと思います。トップの厳しさのなさが原因です。

厳しい社長に常識のある厳しい社員が生まれます。仕事の中身は管理職の方に任されて、社会人としてのあるべき姿やルール・規則の遵守度に目を光らせて下さい。それが社長の一番大事な仕事のような気がします。




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック