経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年04月16日

【売上予算の組み立て方】売上は課長の数に比例する?

売上アップ策は課長職の数を増やすこと。
御社に課長職の方は何人おられますか?

今現在の年間売上高を課長職の数で割って下さい。そうすると課長一人当たりの売上高が出てきます。

伸ばしたい売上高分、課長職の方を増やせば理論上増えることになります。
なぜ課長職かと言いますと、日本の企業組織の屋台骨は課長が支えています。売上規模は概ね課長の数に比例してきます。だから売上を伸ばしたいなら、課長の数を意図的に増やして行かないと売上は伸びません。

組織が同じで、昇格・昇進者もいなくて売上だけが伸びるということはないです。企業が売上を伸ばす時というのは、課長職に昇格するような伸びている人が何人も出て来る時です。

課長職は企業のバロメーターとも言えます。経営幹部にとっては、この課長を何人作るか、経営計画書の中に折り込んでも良いくらいです。

普通、経営計画書は数字の羅列です。正直、数値の根拠はないです。トップのやりたい数字が経営数値です。

ところが売上をどれだけ伸ばすかという根拠を探す場合、売上アップに応じて課長職の数が増えていることが理想です。現状の課長一人当たり売上高は出ている訳ですから、そこから伸ばしたい売上から逆算して課長の人数が出てきます。

意図的に課長を育てる仕組みを作って行けば、売上が伸びるということも言えます。そういう組織であったり、教育体制になっていますでしょうか?

経営で大事なことは、一人でも多くの課長を作ること。課長までは個々人の努力と会社側からのサポートで育ててあげることが可能だからです。課長から上は、運や人柄、その人の会社に対する思い入れなど様々な要素が加味してきます。

しかし、課長までのレールはどの企業でも引いてあげることはできるはず。そのレールをいち早く作ったところが急成長しています。

少なくともうちへ入社したからには、課長くらいまでにはなれよ!と励ましながら育ててあげて欲しいです。

課長は社内で夢のある職であって欲しいです。課長がイキイキしている会社ほど業績は良いです。課長が光る組織を是非、作って下さい。




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:課長 売上予算
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック