経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年03月25日

【飲食業活性化案】常連さんが100%だと、店はいつしか潰れます

昔、ある街の割烹料理店から相談がありました。売上が徐々に下がり、ピーク時の3分の1になったそうです。味やメニューに大きな変化はないそうですが、
お話をお聞きすると街が世代交代、食の好みが世代交代していようです。

その当時は居酒屋が大繁盛の時、居酒屋的な店を出すかどうか討論したことを覚えています。

常連様がリピートしていただき繁盛店になると、甘えがどうしても出てきます。何も販促を打たなくても予約が入ります。いつしかそれが当たり前のようになります。

ところが街が高齢化し、今まで常連だった方の足が遠のくと、業績は落ちて行きます。新規顧客を取ってこなかったツケが回って来ます。

しかし、新規顧客を取ろうと思っても時代は変わっています。昔のメニューや業態では来てくれないのです。

だから新しい店をやろうかどうか悩まれます。しかし、全くと言っていいほど、違う商売に手を出す事になります。上手く行けば良いでが、かなり厳しいでしょう。

常連のお客様が来てくれているうちに次の一手を打つべきです。人口動態も考えながら商売をしていかないと、10年経つと別の街のような人口構成になっているかもしれません。

居酒屋さんのようなメニューや業態変更が比較的簡単に行える商売は良いですが、昔ながらの老舗や商売というのはなかなか難しいものです。

理想は、息子さんが、新しい商売を立ち上げることです。現状の商売は徐々に縮小しながら赤字を出さないように頑張ることです。

いつまでも過去を羨ましがっていては事業ではないです。変化していくことが大切です。大きな赤字を抱えた瞬間、気付いていては取り返しがつきません。

だからいつもお伝えさせていただいている言葉があります。
「常連さんが100%だと、店はいつしか潰れますよ。」と・・・

常連客に甘えた経営は必ず後から大きなツケが来ます。注意された方が良いと思います。




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:常連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック