経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年01月24日

【成功の条件】3年サイクルで考える

今、利益を出そうとか、儲けようと思っても無理があります。
大事なのは3年計画を立てることです。それがコツです。

3年サイクルで事業の再構築が必要です。
同時に組織の見直しも必要です。

目先どうしても利益を出したいというのはわかりますが、初年度だけ利益が出ても意味がないです。構造的に改革を進め、次の5年、10年が読める体制に変えることです。

単年度の黒字化は大命題ですが、それ以上に将来性が大事です。未来が見えてくる改革にすることが理想です。

利益面での数字だけが企業評価ではないはず。企業価値は、将来性や成長性も加味されています。

3年経つとどうしてもマンネリ化してきます。一度立ち止まって見直されることをおすすめします。

同じメンバーでやっているので変えるところがないとよくおっしゃいます。
メンバーのことではなく、事業自体の見直しが必要だということです。抜本的な改革を行っていないと、ダラダラと業績は落ちてきます。

毎年、行いたいところですが、成果の検証ができないため、3年くらい改革プランを実行する必要があります。
それを繰り返し行えるかどうか?

3年に一度くらい、意図的に社内に揺さぶりをかけて、危機感を持たせるという社長もおられました。

結局、今と同じことをしていては未来がないということだと思います。
上手に波を乗り越えられる方は、自然とこのサイクルが身に付いておられるようです。

3年サイクルの改革プラン、成否は別として事業においては必須のもののようです。

目先以上に3年サイクルでプランづくりをすることが大切なのかもしれません。




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック