経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年01月17日

【社内モチベーションの上げ方】会社の数字に興味を持たせること!

モチベーションアップの方法を各社模索されていると思います。
何か良いアイデアはありませんか?と質問があります。

一番簡単なのは、報奨金や一時金の支給です。そのルールを作って運用するのが良いでしょう。

しかし、お金のためだけに働く従業員を雇用するのは本筋ではないです。
お金を超えた満足をどう教えるか、それが鍵です。

そのために大切なのが、会社の数字に興味を持たせることです。
これしかないです。会社に勤めているのですから会社の数字に興味を持ち、業績を上げることを考えてもらわないと困ります。

会社の数字に興味がないということになると、会社で作業だけをやっていることになります。そんな仕事の仕方をさせていませんか?

私は、会社の数字には興味がないという社員を作ってはいけません。言葉に発することもダメです。

数字に興味がないということは、会社そのものに興味がないというのと同じです。会社に給与だけをもらいに来ている社員をなくすことがモチベーションアップにつながります。

会社に背を向ける人はご退陣願うことです。
そういう環境を意図的に作っていかないとたいへんなことになります。部課長クラスがいつも走り回り、責任を負って仕事をするだけでは限界がきます。

会社の実情を知らせて、教育することです。自分でも何か協力できることはないかと探すくらいでないと、良い会社にはなりません。

極端かもしれませんが、会社は作業をすることではなく、数字を上げるところです。その意識が全社員にないと業績を向上させることは難しいです。

数字で話をする癖を付けることが大事です。
社内で、数字、つまり会社の業績の話をしていますでしょうか?

会社の数字に興味を持つようになった瞬間、業績に変化が現れます。
だから、まずやらなければならないのは、会社の業績数値勉強会です。

ここから始められてはいかがでしょうか?




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック