経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年01月15日

【社内改革において大事なこと】給与の話をしないとピンとこない

これは、本音です。
今まで、給与には極力触れずに話をしてきたつもりですが、会社の窮状を理解している社員は少ないようです。

自分たちの給与が減らない限り実感がわかないのかもしれません。今いただいている給与は保証されていて下がることはまさかないだろうといった感じです。

もう何社も「武内さん、世の中では給与カットが行われていること。自社もこのまま業績が悪化すれば、同様のことが起こることをはっきり言って下さい」とおっしゃいます。

現実から逃げることはできません。どこまで業績が下がれば、給与もどこまで下がるか言った方が良いかもしれません。

給与の話をすると良い人材が逃げて行くのではと危惧されていると思いますが、会社がたいへんな状況であることに対して、ピンと来ていないなら人材ではないと思います。

それは自分が楽をしているだけです。

たいへんな時こそ何とかしようと部課長クラスが中心となって動いて欲しいです。数字が行かないのなら、毎日ミーティングや会議をやっても良いはず。数字は会社任せなんてことはないです。

自分の給与は自分で守って欲しいです。

じっとしていると給与は減る時代です。スキルアップして会社の業績を上げることを社員全員が一致団結して取り組むことです。

賞与なし、昇給昇格なし、給与カットは他人事ではないです。すべた会社の業績と連動します。

減ってみないと実感がわかないかもしあれませんが、それをしたくないのでトップは必死になっておられます。

でも日々、給与の現実的な話をするのが一番効果的かもしれません。
もう奥歯に物がはさまった話はいらいないです。従業員と面と向かって話す時期に来ていると思います。

私も極力現実の話をして行こうと思っています。




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:給与 社内改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック