経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年01月13日

【危機的状況脱出のコツ】朝令暮改をしない社長の方が怖い

方針なんて何回出しても良いと思います。
中小企業では、即時対応が必須です。

日々違った指示が飛んでくらいが当たり前。
現場が右往左往しても気にせず、指示を出し続けることです。

ところが業績が低迷されている会社を見てみると、トップが指示を出していなかったり、指示を出す回数が少ないのではと思われます。

中小企業はうるさく思われる社長くらいがちょうど良いと思います。
えっ!社長また言っていること変わったのぉ・・・
と現場から愚痴が出るくらいでないと。。。

社長が言っていることが変わっているということは、何らかのヒントや気付きがあり、すぐに改善したいという思いからです。

だから指示がないということは、情報が入ってこなくてヒントがないという状態です。会社も社長も成長しない時と言えるでしょう。

おとなしい社長では難局は乗り越えれません。うるさい社長になって下さい。
社内で一番の嫌われものになるくらい指示を出しつけることです。これが危機的状況を乗り切るコツです。

言っていることが変わったくらいで信頼感がなくなると思わないこと。今の従業員の方は、頭が良いです。社長がおとなしくなったということは、会社の業績も下降線なのかなぁと思います。

新しいヒントを見つける意味でも朝令暮改を推奨いたします。
毎日何か指示を出していますでしょうか?昔は、小言を言っていたが、今は言うのが嫌になった、年を取ったと思わないです下さい。社長の小言が潤滑油になっています。

良いも悪いも社長の言葉で、従業員は成長して行きます。
指示が出なくなった時が、危ない時です。

明日の朝はこの話をしようとか、気付いたことをどんどんメールして下さい。
従業員が嫌がるくらいでないと、会社は改革できません。

社長の言葉の数だけ、会社は成長するものだと思います。





そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:朝令暮改
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック