経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2009年12月19日

【業績を図るモノサシ】経営理念以外に目標数値が掲げてあるかどうか?

経営理念や経営方針は、壁にかかっています。唱和もしていますというところが多いです。ところが私たちの目から見ると何かないのです。

実は経営数値に関する目標がないところがあります。嘘でも目標数値がないとどう頑張って良いのかわかりません。

業界特有の状況があり、目標数値を出せないという場合もあるかもしれませんが、数字がすべてです。どんな経営数値を目標とするのか、それが一番大事なはずです。

そのことを避けていては業績は向上しないと思います。つねに世の中や業界の風を受けて経営しないといけません。

自分たちがどうしたいのかは、経営理念や経営方針ではなく、目標とする経営数値に表れてきます。

実現可能な経営数値を掲げることが大切です。トップダウン式に社長が決めた数字だけでなく、従業員からの意見も考慮して皆が納得する目標を出されてはいかがでしょうか?

業績が低迷されている企業ほど数値がありません。数値らしきものが壁に貼ってないのです。数値は意識しないと達成しません。その体質からまず変えるべきだと思います。

数字、数字というのはいやらしい言い方かもしれませんが、数字がすべてです。
数字は意識し出した瞬間、行くようになります。

従業員教育でも管理者教育でもこの数値のことを教えることが教育です。現場の作業だけ終わっていたのでは、人は育たないでしょう。作業の延長で経験を積めばいつかはわかるだろうではダメです。

しっかりとした数値管理の教育が必要です。
そのためには、まず数値を意識させるためにも壁に目標数値をベタベタ貼ることです。いつも数値が目に入るようにして下さい。

社長室にも今期の目標数値がありますでしょうか?

数字のない経営というのはありえないと思います。




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック