経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2009年12月12日

【中間管理職の条件】課長職は数字で話せる人

課長ってどんな人。
どんな人が課長職?

私の中での基準は、数値が見れる人、わかる人です。
数値が見れなくても、業務に精通されているから管理職というのは限界があります。やはり数値が見れないと始まりません。

中間管理職の役割とは人の管理と数値の管理とよく言われます。この2つが出来る人が管理職です。

予算数値の作成や部下の個人予算の数値が管理できることが理想です。名ばかりの課長職では組織ではないです。

預っている課の数値は、すべて管理できていないといけません。データの作成は部下に任しても課の方向性や個々人のあり方について指針を示さないといけません。

疲れておられる課長さんをよく見ます。どの会社でも課長職が一番大変です。一番仕事をされるのが課長です。課長が目立たないと会社は伸びません。働き盛りの課長の出来で会社の業績は変わります。

この激務の課長職を経験され、乗り越えられた方が部長職に付かれます。部になると組織は大きくなりますが、課ぐらいが一番自分の思い通りにできるのではないでしょうか?

皆さん業務に関しては精通されています。課長職を任命されている訳ですから。
しかし、数字に関してはまだまだという方も当然おられます。欠けている部分は後からでも補わないといけません。今のままで何とかなる訳はないです。

だから社内で、課長の方の数値勉強会を開催されることをおすすめします。課長なんだからわかっているだろうではなく、一から教えてあげることです。

会社の業績を上げるコツは、課長を強くすることです。強くするとは数値に強くなることです。

会議中も数値で話ができるようになるのが理想です。日頃から数値で話す訓練が必要です。

だからその会社の業績や状態は、課長クラスの方との会話をすればレベル感がわかります。

生き生きとした会社にするには、課長を輝かせること。
企業活性化は、課長の活性化からだと思います。




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:中間管理職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック