経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2009年11月28日

【従業員に数値意識を持たせる】私の一番の興味 儲かるか儲からないか?

言葉が綺麗ではないと思われるかもしれませんが、それが本音です。
赤字で事業を続けますか?

企画書でも収支計画のない、言葉だけのものはいらないです。数字がいくらなのかそれが欲しいです。

儲かっているかどうかの議論をしないと意味がないです。議論の根底は収支です。利益がどの程度出ているか、それを把握する必要があります。

いろんな企画案が出てきます。しかし、案というのは数字が入ったものを原則とされてはと思います。プロの仕事は数字です。数字抜きの提案なんておかしいです。

どうも最近、逃げている方が多くなったように思います。
「何か企画を立てなさい。そうしないと部の予算が行かないから・・・」
と上司から指示されてもうつむくだけ。
自分からどんどん企画書を書いて提出するというのがないのです。

企画書を出し、通ってしまうと責任を負わないといけない。リスクが大きい?
マイナスの方向へと行っているようです。

会議やミーティングでも数字が出てこない会話は怖いです。あぁだこうだ行っているだけで中身がない?数字が出てくるかどうかは体質です。社内の雑談でも予算数値が常に出て来るくらいでないと、達成は難しいです。

出張中の移動でも今月の予算をどうやってクリアするか、その打ち合わせの時間に充てているかどうか?会社の会議の日には、1時間早く出社して、予算の詰めを行っているかどうか?

このことは教えられるものではないです。予算に対する意識が芽生えた時、自然と体と頭が動き出します。

社内の会話でも数字の話をするようにして下さい。それが意識付けになります。
売上意識以上に利益意識が大切です。原価の話も話題にして下さい。

会議やミーティング、研修会だけでは身につかないです。日々の会話が大切です。

数字の話をしない管理職はいらないです。部下に数値意識を持たせるためにもいつも数字の話をして下さい。

仕事をしている時は、常に儲かっているかどうか、それを頭から離さないこと。

中小企業のオーナーさんから顔を合わせるといつも
「武内さん、何か儲かっている商売ないですか?」と聞かれます。
身に沁みている方にとっては当たり前のことなのでしょう。

儲かる会社は、社員の意識付けがしっかりと出来ています。
儲かっている話、今日からされてみませんか?




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:儲かる 数値意識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック