経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2009年10月11日

【企業面接で大事なこと】「どんな人がこの会社では合格するんですか?」と聞かれたら・・・

新卒の方は一所懸命。
本当に真っ白な状態で、試験を受けに来られています。

面接担当者の方から何でも良いから質問はないですか?
と言われたら何と言うか自分なりに考えてみました。

面接担当者の方は、担当者であって会社の意向を聞いているのかどうかちょっと不安のはず。
私なら逆に「どんな人がこの会社では合格するんですか?」と聞いてみたくなります。

担当者の方は、一瞬焦ると思います。自分が決める訳でもなく、与えられた用紙の項目を見ながら、チェックをするだけ。

面接時に一番大事なのは、どんな人が欲しいのか明確な基準を設けることです。
例えば単純に挨拶が出来る人とか、礼儀・マナーが出来ている人、人と話が出来る人など。ある程度、会社としても方向性を出しておくべきです。

面接にどんな人が来るのか待っていても、そこから選ぶのは大変です。
面接官よりも新卒の方の方がしっかりしてたりして・・・

今勤めておられる方がどんなか方か想像して下さい。永く続く理由があるはずです。また、自社の欠点もあるはず。こんな人がいないとか、こんな人が欲しいとか・・・

でも私なら、
「素直で一所懸命頑張る人が好きです。
黙って3年間、人生の修業のつもりで仕事に取り組んでくれる若者を募集しています。3年間頑張れるという自信がありますか?」と正直に質問すると思います。

まず社会人になって大事なことは、3年間勤め上げることです。愚痴をこぼさず、黙って一所懸命やってみることです。あれこれと職を変えても同じです。まず社会人としての知恵と教養を身につけないといけません。隣の芝生が青く見えるかもしれませんが、3年間辛抱できるかどうかで成功が決まるような気がします。

転職回数の多い人は、企業は敬遠されます。まず3年間やってみて、次の進路を決めても遅くないと思います。人生は長いのですから・・・

だから、どんな人がこの会社では合格するかと言えば、
3年間勤め上げることができそうな人。
それが一つの答えのような気がします。




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:面接
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック