経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2009年09月29日

【調理長の悩み】姿造りは、養殖の鯛か、地物の旬の天然の魚か?

刺身にこだわるのが飲食の商売では大事なことです。
お客様から見て一番わかりやすいからです。
それに先付けの後、必ず出てくるのが刺身。

刺身の評価=その店・調理人の評価になります。

ところが世の中の進歩が激しくなり、お客様の目も肥え、ニーズも多様化しています。個々のお客様によって意見が大きく違ってきています。

例えば、ブライダルでの料理提供の場合、通常は鯛のお頭付きが当たり前のように出されてきました。しかし、地域によっては天然では出せず、養殖で対応されている場合もあります。

お客様によっては養殖は使わないで下さい。天然で新鮮なものを出して下さいとおっしゃいます。

一方、別のお客様は、鯛でないとダメです。意味がないとおっしゃいます。

正解などないですから、担当者の方はたいへんだと思います。一回一回お客様ごとに何が良いのか確認しないといけません。

だから今の世の中では正解や常識というのはなく、お客様の嗜好に合わせたり、おっしゃっている通りにすることが大事だと思います。

私もどっちが良いですか?と尋ねられても返事に困ります。
やはりお客様の顔を見て、判断するしかないです。

調理長の判断で、これで良いだろうと思って出していると、手痛いしっぺ返しが来る可能性があります。魚のこと、調理のことは俺が一番知っている、そう思っておられる調理長さんほど落とし穴にはまります。

これだけ皆がいろんな経験、体験をすると、もう何が良いのかわからなくなります。

自分が知っている事が常識ではないです。お客様の欲していることを素直に実現することが商売です。

間違っても「お客様、それは違います。○○が普通のやり方です。」なんてことは言わないように注意して下さい。

お客様の言っていることが正しいと思って、素直におっしゃる通りのものを出されてはいかがでしょうか?




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:調理長
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック