経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2009年09月23日

【会社と調理人との関係】お金の関係にならないこと

何が言いたいかと言いますと、調理人との関係がぎくしゃくした時に、つい給与を上げられる経営者の方がおられます。

これくらいあげてやるのだから黙ってやってくれよ。みたいな感じで・・・
ところがこのことが後あと大きな火種となって問題になってきます。

ごねたり、すねたりすると給与が上がる?
俺がいなかったらこの店は回らないんだからとタカをくくられる?

これでは経営者や会社をなめていることになります。
そのうち従業員は、経営者ではなく、この調理人の顔を窺うようになります。

会社や店を自分の支配下にでも入れたような勘違いをし出します。
そうすると修復が難しくなるのです。

会社の方向性や意図を理解されない調理人がいると、その会社は伸びません。その方の顔色をうかがって皆が仕事をするようになり、はっきり言って職場は腐ってきます。

何も調理人の方が皆そうだと言っている訳ではなく、一部の心ない方の行動・言動で店がおかしくなっていくということです。

それをお金で解決しようとすると、良くない方向へと行ってしまいます。
一緒に同じ方向へ向いて行ける人を雇用すべきです。腕や技術を自慢されても困るのです。

経営者の方の意向を理解し、一緒に歩んでくれる人と仕事をすべきです。ある意味、腹をくくっておいた方が良い時もあるのでは?

調理人の方との契約は、年契約で1年ごとの見直し。
おそらく年俸制になっているところが多くなっています。

理由は、腕ではなく、方向性や考え方の相違から自然とそうなってきています。

雇用者と被雇用者の関係がお金を通じた関係だけになると寂しいです。
お金以外の働きがいや価値観を共有できないと一緒には仕事ができないはずです。

雇用する側もその辺りのことは、きっちりと線引きをされておいた方が良いと思います。

お金は使ってはいけない時もあるようです。




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:お金 調理人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック