経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2009年08月30日

【人事労務戦略】就業規則は誰のために作る?

会社の内部統制のためには絶対に必要な物。
また、従業員の労働条件を守るためにも必要。

しかし、就業規則を見直したり、作ったからと言って会社は何ら変わらないと思います。

それに就業規則の内容だけが大事なのではなく、会社のビジョンや戦略が見えていないと意味のないものになります。

就業規則を超えた人事労務の戦略や仕組みが必要な気がします。

就業規則の内容を周知徹底しても業績は変わりません。逆に今まで貯まっていた不平不満をぶつけて来る方が多くなるかもしれません。

だから私どもでは、就業規則の見直しは、人事労務戦略の一つだと考えています。まず戦略ありきです。

会社側も従業員側もすべての人にメリットがあるものなんて難しいです。

でも作る際に一つの視点は必要だと思います。
従業員の労働条件を守りながら会社としては、どう考え、どの方向へ向かって
いくのかそれを明示できる何かが必要な気がします。

就業規則が改定になりました。と報告会を行うのではなく、当社の人事労務に関してはこのように考えています。という方向性を話さないと皆納得されないのではないでしょうか?

会社として従業員に対してどのように考えているか、それが知りたいと思います。

制度の改定ではなく、戦略にまで落とし込まれているかどうか?

特に就業規則の中で問題となってくるのは、休みの問題と給与の問題。
給与は、昇給・ベースアップなどの説明を求められます。会社の諸事情はあると思いますが、しっかりと説明されないと不満が残るだけです。

就業規則は誰のために作るものでもなく、会社の最低限の諸規定であって、そこから先のものを別途毎年、人事労務の経営計画として作成することが大事だと思います。




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック