経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2009年08月02日

銀行の約定返済が止まれば、内部留保できるか?

銀行は約定返済が止まれば、内部留保できるだろう。
その資金で再投資ができるはずだと思われているようですが・・・

実際の現場は火の車のことが多いです。
それにいつまでも止めていただける訳でもないですから、少なくても1年以内に立て直さないといけません。

事業ですから表面的に売上が伸びたからと言って、手元にその分だけ残るということはないです。支払いなどに使用するため、現預金が通帳に思ったほど残っていないです。内部留保できるほど余力がない場合の方が多いです。

経営数値の羅列だけでは分からない部分があります。

数値以上に実情がどうなのか把握していないと良くないです。

約定返済が止まった瞬間、計画的に内部留保を進める方はいないでしょう。それに実際、そのようなことはできないです。今がたいへんなのに、溜める余裕なんてないはずです。

1年かけてまずは、単年度黒字化、営業利益が出る段階まで持って行くことが第一条件だと思います。

その1年間に次の投資分まで、留保できていることはほとんどないです。
さらに事業では大きな壁があります。1年間良い数字を出した場合、2年目以降の数値をどうするかです。

2年連続昨対クリアできるとなると本物です。しかし、それがかなり難しいです。
時流の変化も早く、新しい対策を打ち続けないといけません。それに店舗の補修・改修なども必要です。

だからお金は余りません。残っていないです。

返済余力が本当に付くまでは、少なくても3年はかかるのではないでしょうか?

事業主の方は今を必死で生きておられます。目先のことで頭がいっぱい。
長期的な計画など、組むことができません。

だからこそ計画的に、1年目、2年目、3年目と売上だけでなく、銀行との関係の計画を想定しておくのが良いと思います。

お金は余りません。どこかへ消えていきます。
内部留保を意図的にできるようになれば、再生は可能ではないでしょうか?




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック