経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2009年03月24日

【飲食店活性化案】1000円を超えるランチメニューが生命線!

どのお店も価格を下げれば、お客様は来てくれます。特に今のような景気の悪い時には、価格戦略は有効です。

それもランチメニューの場合、ワンコインなど1000円を切った価格はうけが良いようです。

ランチではこの1000円が大きな壁になります。
お店の実力が問われるところです。

1000円以下は当たり前、800円を切ると出がよくなり、そこから先は、安くなればなるほどよく出るようになるのが普通ではないでしょうか。

1000円を超えるランチメニューをどうやって作るか、1000円を超えると途端に出なくなるようでは、店の力がまだまだないということです。

昔あるオーナーさんに教えていただきました。
1300円や1500円のものを売ろうと思えば、3000円くらいの価値があること。
1000円に毛が生えたくらいのメニューでは納得されないと・・・

なるほど。。。

原価計算して1300円や1500円のメニューを作ってもダメらしいのです。
1000円を超えるメニューを作る時は、980円のメニューの延長ではなく、全くの別物くらいで作らないと出ないぞぉ!とおっしゃいます。

何でもそうですが、価格の壁を超える時は、従来のものとは違うというのがお客様に明確にわかるものを作らないといけません。

みんな1000円以下で苦戦中。
時折、キャンペーンで安くすると今までお越しいただけなかったお客様に来ていただけるが、価格を元にもどすとまた同じ状況の繰り返しのようです。

作る時から、意識を変えて、全くの別物を作ることがコツのようです。
まずは、原価を考えずに、どれくらいのものが出せるか検討されてはいかがでしょうか?

価格が上がるごとに、原価が上がるというのも一つの戦略です。

視点を変えて、1000円の壁を越えて下さい。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック