経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2009年01月30日

【企業運営の現場より】予算を勝ち取るではなく、予算削減を勝ち取る

もう少しで新年度がスタート。
年度末の調整も大事ですが、来年の予算も気になるところ。

昔は、行政などでは予算をいくら付けてもらえるか、我先にと取りに行ったものです。

でも私企業では、そのようなことはないはずです。
かなりきつい状況が続いています。

予算を増やすのではなく、予算削減をいかに勝ち取るかが大事なくらいです。
重い予算を背負うと1年中苦しまないといけません。それに、実現性がない予算ならモチベーションも上がりません。

予算削減をどう勝ち取るか?
それが今一番大きな課題ではないでしょうか。

しかし、予算を抑えてもらえたからといって喜んでばかりもおれません。それに見合うだけの経費予算の削減を達成させないと赤字になってしまいます。

ということは、予算削減を認めてもらいたいなら、経費削減プランを同時に示されてはいかがでしょうか?納得のいく数字でスタートしないと、本当につらい1年になってしまいます。

そのような状況では、会社のために働いているのか、自分のキャリアアップのために働いているのかわからなくなります。

本当に無理な予算は禁物。
どう減らすかを真剣に考えた方が良いと思います。

減らせるだけ減らした方が現実的です。
それと3ヶ月毎に予算を見直すこと。世の中の状況がどう変わっているかわかりません。また、すぐに状況判断をして、書き換えるくらいのスピード対応が必要です。

妄想で浮かれた予算で喜んでいる場合ではないです。かなり厳しく予算を組まれることおすすめいたします。

それに予算というと売上に目が行きがちですが、その他の経営数値の予算などもしっかりと組み込まれるべきです。おそらく売上高は予想どおりにいかないかもしれません。しかし、営業利益や経費、人件費、棚卸金額など、その他の数値をビシッと揃えることは不可能ではないと思います。

外向けのかっこを付けた予算だけは組まない方が良いと思います。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


ラベル:企業 予算削減
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック