経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年12月15日

【経営者の仕事】自己都合以外での退職者は出さないこと

雇用を確保する。
利益が減るのは、いつもの現象面の一つ。
大事なのは、従業員の雇用を守ること
賞与や給与の額ではないそうです。
脱落者を一人でも出さないために頑張ることらしいです。

自己都合以外での退職者は出さないこと
これが名経営者の条件だそうです。

景気が悪く、雇用問題が一番の経営課題になっています。
経営を軌道に乗せるために、必死に営業活動を行い売上や利益を上げようとされていますが、従業員側から見るとそれ以上に雇用のことが不安です。

業績を上げる一つのコツは、従業員を不安にさせないことです。
不安な状態では、業務に支障をきたします。

雇用を守ることも経営者の大事な仕事です。
少しでも不安な状況にしないこと。

賞与がなくても現場の方は頑張ってくれます。
しかし、仲間が一人でも辞めていくと不安になります。テンションが下がります。

赤字でも給与の遅配がないように手配できていれば、いつか好天に転じることが可能です。

厳しい状況が続いていると思いますが、この厳しい状況をどう乗り切るかです。

厳しい時に何を守るか?

会社を守ろうと思うなら、利益が優先か?雇用が優先か?

考え方は人それぞれだと思いますが、利益の源泉も雇用の安定からではないでしょうか?

雇用した以上、なるべく退職者を出さない経営をしたいものです。

雇用に対する考え方が、経営理念や経営方針にも表れる時代になったような気がします。

ラベル:雇用 退職者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック