経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年12月08日

現場の心に火を点ける!

停滞感が漂っています。
最近、あまり良い話もなく、ただ流されているような感じ。

この状況が続くと危険です。

どこかで現場の心に火を点けないと・・・・

でもこれがなかなか簡単な問題ではないのです。

どの会社もトップや幹部の方は、いつも必死です。
しかし、現場は変わっていません。

危機感を持って欲しいのですが、日々の業務に埋没しています。
自分から何か新しい仕事を探そうという意欲のある方が少ないです。

どうすれば良いか?

トップの方が日々、声をかけ続けること。
ミーティングや会議の頻度を上げ、現場との距離を縮めること。

それと一対一の対話の場を設けることです。
じっくりと個別に話し合う機会があっても良いのではないでしょうか?

おそらく、給与を上げても変わらないのでは?
大事なのは、心に響く話をすることです。

めんどくさいと思わないで下さい。
これがトップの一番大切な仕事です。

現場との距離が開き過ぎると、修復不可能な場合があります。
中小企業では、この距離の保ち方が非常に大事です。
開き過ぎてもダメ、近すぎてもダメ。
程よい距離を保ちながら、いつでも見ているよ、話たいことがあったらいつでも来ないさいというくらいがちょうど良いようです。

しかし、実際には、自分からトップの方へ話しに行く方は少ないでしょう。
行く場合は、進退の相談がほとんどでは?

現場の心に火を点けるには、トップからそのような場を設けてあげることかもしれません。意識されていますでしょうか?

トップと話ができる場、機会を設けてあげて下さい。
火を点けて欲しいと思っている従業員の方がたくさのられるのでは?
待っておられます。
トップの一言を・・・



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


ラベル:現場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック