経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年12月03日

【社員のやる気を引き出す方法】トップが会社の方向性をはっきりと話すこと

ここまで景気が悪くなるとは・・・

社員が下を向いていませんか?

大事なのは数字ではないです。社員のやる気やモチベーションです。
どうしても数字が悪いと顔色も悪くなってきます。

それに、会社がギアを入れた瞬間、付いて来れない方が出てきます。
自分の思っていた会社とは違うと・・・

でもその方に合わせていたのでは、営業ができません。
会社は、出来る人・やる気のある人中心に組み立てないと潰れます。

そうすると、何をすれば良いのでしょうか?
打つ手は何か?

例えば、予算会議などの場で、今後の事業プランと方向性を明確に示すことです。細かな予算数値の確認だけでは意味がないです。

よくある不平不満の中に、
「会社はどっちの方向へ向かっているのかわからない」
という答えが返ってくることがあります。

トップとしては言っているはずなのにと思っていても、
なかなか社員には伝わっていないようです。

だからこそ、
「今からうちの方向性とビジョンについて話すから、よく聞きなさい」
とはっきりと言わないといけないようです。

これがないと不安になります。軸をしっかりと持つこと、伝えることです。
このような状況下こそ、トップからの話が大切です。

毎週なさっても良いくらいです。
逆に業績の悪い時は、足場固めの時です。
じっくりと社員と向き合い、今何をすべきなのか?将来どうなりたいのか?
お話されてはと思います。

社員は方向性が明示されれば、勘の良い方はそれですぐに行動や言動が変わってきます。

先が見えなくても何か小さな方向性だけでも話されて下さい。

トップからの話を社員の方は待っておられます。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


ラベル:やる気 トップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック