経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年11月28日

【小売店不振の理由】売れ筋に絞るのは危険!

遊びがないとダメ!

業績が悪化しているので、在庫を極力持たず売れ筋に集中。
お気持ちはわかるのですが、この状態が続くと、売場には売れ筋商品しかないことになります。

お客様から見ると、いくつかの選択肢があり、いろいろ見て、やっぱりこれだという購買の仕方がほとんどです。比較対象となる商品が自店になければ、他店へ足を伸ばし、そちらのお店との比較購買になります。

これは商売の鉄則です。
死に筋商品、見せ筋商品があって初めて売れ筋商品が売れます。

売れ筋しか扱っていないお店はつまらなく見えます。
えっ!こんな商品が売れるのぉ?
と思うようなものも置かないといけません。

例えば仕入を一手に一人の方に任せておくと、どうしてもその方の趣味嗜好に偏ってしまいます。

男性の方ならお気づきかもしれませんが、洋服タンスやクローゼットの中のネクタイの色柄。自分で買ったものはいつも同じようなタイプのものばかりです。

品揃えで大事なのは、自分が好みでない商品も置くことです。
そうしないと客層が絞られてしまうからです。

人でも同じです。
自分とウマの合わない方とも一緒に仕事をするようになると組織的運営がなされている証拠です。

だから大きく商売を繁盛させたいのなら、自分の好み以外のものも積極的に扱うことです。

景気が悪くなったから売れなくなったのではなく、品揃え自体がお客様のニーズに合っていないかもしれません。

お客様の声に耳を傾けながら、徐々に商品構成を変化させて下さい。

売れ筋だけを扱うのは簡単、誰でもできます。でもそれではなぜか売上が上がらないのです。遊びの部分がないと売れ筋が光ってこないからです。

この遊びの部分をどう表現するかが勝負です。
無駄があって初めて売れます。その無駄を無駄にせずに糧にして下さい。

やっぱり商売は柔らか頭が必要なようです。
教科書的に売れ筋ベスト10を扱ったのでは売れません。

売れないものをどう扱うか?
それが業績アップのコツの一つです。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


ラベル:小売店 売れ筋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック