経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年11月11日

【業績がもうひとつ伸びない理由】現場とオーナーのギャップ

オーナーがやって欲しいと思うことと現場担当者との間にギャップがみられます。

あるのは当然なのですが、どう埋めていくか?

現場はどうしても目先の売上を追及しがちになります。
理想は、店舗や部門をトータルに管理することです。

現場が優先し過ぎると、経営戦略に支障をきたす場合が出てきます。

だから、経営戦略や方向性をまず現場の方に理解していただく必要があります。
トップの方も言わなくてもわかっているだろうではなく、細かく理解されるように機会を設けて説明しないといけません。

そのような場がないと、どうしても場当たり的な運営になります。

しっかりとした方向性を明示する会議のようなものが欲しいです。
それを説明してもらわないと現場は混乱します。指示がないと動けません。

自分がこういうふうにやって欲しいなぁと思っていても口に出して説明しないと伝わりません。ギャップはますます広がっていくだけです。

現場から出てくる声は、
「会社はどの方向へ行ってるのかわからない。」
といつも愚痴をこぼしています。

オーナーはオーナーで、
「それくらいのことはいつも言っている!説明せんでもわかるやろ。」
と・・・

でもいつ言っているのでしょうか?
書面に何か落とし込んでいるのでしょうか?

お互いが膝を突き合わせて議論する場が必要です。
会話のない会社が一番危険です。

それでは、両者の理解を図る場がありません。
本音でぶつかりあわないといけません。

よく「武内さん、現場の意見聞いてやってぇ」
と言われますが、私が聞いたところでギャップの解消にはならないでしょう。

現場もオーナーも私には何でも思っていることをおっしゃいます。
それをお互いがぶつければ良いのですが・・・・

でもそれができるようになった瞬間、飛躍されるのでしょう。

だからそれまでのつなぎ役として、私も頑張らせていただきたいと思います。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック