経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年10月13日

【飲食店の景気動向】景気の悪い時は、繁盛店に人は集中する

景気が凄く悪いですが、いつも以上にお客様で賑わっているお店があります。

それは街中の繁盛店、一番店です。

他のどの店も苦戦中なのに、ある一店だけが行列ができています。


今の飲食店の状況を×△○◎で診断してみると・・・
(×△○◎など記号でお店の力を語るのは大変恐縮ですが、表現の都合上ご勘弁ください。)

×は当然ダメ。
△は衰退傾向。
○も苦戦中!
◎の店だけがいつもどおりの営業。

といった感じです。

景気が悪くなればなれるほど、繁盛店に人は集中します。
新店などに足を運び冒険するなんてことはなくなります。

美味しいお店に月1回、それで十分という雰囲気になります。
それもお客様は払っても良い予算をあらかじめ決めておられ、その範囲内で召し上がられます。
また、来月もここへ来ようと・・・

景気が悪いほど、店の優劣がはっきりしてきます。
残っていく店や黒字店が徐々に少なくなっていきます。

中途半端なお店にお客様は来られなくなります。
町や市で一番繁盛しているお店が自然と人気を呼びます。

決して客単価が相対的に下がるというようなことは起こらず、人気店への集中が始まります。

なんでランチからこの状況?
というふうになります。

人気店がますます業績を上げる時代に入ったような気がします。

○ではダメで、◎を目指さないといけないようです。

とりあえず、人気店・繁盛店の動向から目を離さないでください。
そのようなお店が業界内で長期的に生き残っていくコツを構築されていくと思います。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


ラベル:繁盛店 人気店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック