経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年09月18日

【飲食店売上アップのコツ】焼肉店の商売の仕方を真似てみませんか?

なぜ焼肉店か?
よくできているからです。
売るための仕掛けが・・・

まずファーストオーダーをいただく際に、
ビールなどドリンクを頼まれます。
その時に、
「おつまみに、生レバーやユッケ、キムチはいかがですか?」
とおすすめすると必ずいくつかオーダーが入ります。

また、焼き物が終わった時がチャンスです。
すぐにお客様のところへ行き、
「ビビンパや冷麺はいかがですか?」
とおすすめすると、必ずこれもオーダーが入ります。

実は、焼肉店では、石焼きビビンパや冷麺が美味しいお店は、客単価が高く、売上も相対的に高いです。
あともう一品売る仕掛けができているからです。

飲酒の問題でドリンクはどの店も減っています。
だったら〆のメニュー強化されませんか?
必ず食べて帰られるようなご飯ものメニューです。

例えば、居酒屋さんへ行ったとします。どこも内容や味はそこそこです。
変わりがないと言ったら失礼かもしれませんが、わいわいガヤガヤやるために行っているので、そんなに凝ったものや単価の高いものは期待されていません。

いつもオーナーや店長からも言われます。
「武内さん、正直、うちのメニューどぅ?」

答えは、
「普通です。」と答えます

居酒屋でビックリするような美味しいメニューは経験がないですし、期待もされていないのでは?

そんなことを気にするなら、〆のメニューで確実にお金を落としていただけるものを作るべきです。

お客様に一声かけると、必ずオーダーが入るようなものです。
こんな不景気には、〆のメニューの出方で売上が変わってきます。

焼肉屋さんの商売、真似てみられませんか?
少しでも売上に貢献すると思います。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


ラベル:〆のメニュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック