経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年08月18日

【業績を伸ばされている企業の特徴】数字で話をする癖付け

いくら売れているのか?
人は足りているのかどうか?
原価率はいくらなのか?

すべて数字で話せないと意味がないです。

プロは数字で話す方、判断する方です。
まずは、ベースになる数字を知ることです。

業界の方と話す時はもちろん、社内でも店内でも数字で話す癖付けが大事です。

よう売れてるなぁ!
今月はちょっと苦戦やなぁ!
と言ってもいったいくらなのかわかりません。

よく数字で話しなさいと注意されます。

身近な数字から覚えて行かれて、徐々に計数の勉強はされた方が良いと思います。

今日の売上はいくらだったのか?
客数は何人だったのか?
売れ筋やおすすめメニューは何皿出たのか?

数字は意識しないと覚えれません。
いったい忙しいという日の売上高はいくらくらいなのか?
満卓になったときの客数は何人なのか?
1ヶ月の総人件費はいくらなのか?
食材の支払は1ヶ月いくらなのか?
水道光熱費は1ヶ月いくらかかっているのか?
家賃はいったいいくらなのか?

自分の携帯電話の1ヶ月の平均使用料金は知っていると思います。
多いか少ないか気になるからです。

お店のことも気になると覚えます。

後は家計の数字とお店の数字を比較してみると面白いですよ。

業績を伸ばされている企業ほど、数字で話をされます。
従業員全員で数字に興味を持つことが一番の業績アップ手法かもしれません。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


ラベル:癖づけ 数字
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック