経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年08月11日

【簡単な売上アップ方法】筆まめのすすめ

最近、手紙は書かれましたか?

メールが多くなり、年賀状や暑中見舞いも影を潜めています。

だからこそ、手紙は効果があります。

ただし、昔のようにただ書けば良いというものではありません。
お客様に何か印象に残ることをすることです。

何の変哲もない手紙が来てもゴミ箱行きです。
そのことがわかっているので書く方も出さなくなっています。

毎日10通ずつ従業員がお客様に手紙を書くと売上がアップするとよく言われます。でもそのためには、お客様に覚えていただくこと、印象に残ることをしないといけません。

書くこと自体よりもこのことの方が実際は難しいのではないでしょうか?
仕事をしながら常にお客様に印象に残る行動や会話をする癖を付けることです。
これ、プロの仕事です。

あっ、あの人からの手紙なんだ!
と思っていただくことです。

所有名簿の方にお手紙やDMをただ送っただけでは効果がないです。
パソコンで印刷されたり、宛名シールだったりすると余計です。

手紙を書いてみたくなったことないですか?
メールではなく、この方には手紙を出そうと・・・
そう思うようなお客様を自分から意識的に作ることです。

それと手紙を書きたくなるためのコツがあります。
ちょっと値の張るボールペン、万年筆を持つことです。
2番目、絵ハガキを意識的に集めること。
3番目、記念切手を買う癖を付けること。

そうすると、いつも使いたくなります。

絵ハガキを買えば、つい誰に出そうかなぁ?
と思います。

筆まめは幸せな人生を送れるから、実践しなさいとよく教えられました。

かばんの中にはいつもレターセットが入っています。
やはり会社から支給されたものではなく、自分で選んだハガキと切手を持ち歩くのがベストだと思います。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


ラベル:手紙 筆まめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック