経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年07月15日

【経営の妙】経営を知る〜損益分岐点経費高を下げる経営〜

今までにお付き合いさせていただいた酒販店様で、2社お酒が全く飲めないのに酒販店の経営者をされている方がおられました。

飲めないのにどうやって仕入れているのですか?
とお聞きすると、
愚直に問屋さんのおすすめの商品を中心に品揃えされているとか?

同じように飲食業界の方でも
飲食業界は詳しくない。
調理はわからない。
でも飲食店のFCオーナーをされている方がおられます。

成功されている経営者の方にとっては、
経営という視点で見れば、どの事業も同じなんでしょう。

扱う商品は変わっても経営は変わらない。

あまりにも現場に目を向け過ぎたり、入り過ぎたりすると経営が見えなくなる時があります。現場を見ることは大事ですが、それ以上に経営を見なくてはいけません。

自分が現場が得意だからとどんどん現場に入っていきます。
今の時代、現場の力だけではどうにもならない場合があります。

経営を見るという視点が欲しいです。
会社を潰さないためにはどうすれば良いか?
利益を出すためにはどうすべきか?
従業員に給与を払うためにはどうすべきか?

縮小は恥ではないです。
適正規模で経営する。
損益分岐点経費高を下げる経営が今求められています。

現場や営業の仕事に自信のある方ほど、俺が現場に入って頑張れば後もう少しは大丈夫だろうと思っておられます。
しかし、これでは解決策になっていません。

経営そのものを見直す時期に来ているように思います。

現場を知らない方の方が伸ばされている場合もあります。
経営を知る。その勉強と実践が大切なようです。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


ラベル:経営 損益分岐点
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック