経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年07月05日

【飲食店の新時流:時代の変化・お客様のニーズの変化】法事は味よりも価格よりも椅子?

法事・宴会の変化の兆しが見えます。
予約のお電話の際に、「座敷ですか?椅子ですか?」
と聞かれます。

昔は、「座敷でゆっくりとおくつろぎ下さい」
と言うと喜ばれました。

今は、「座敷なんですか?畳ですか?掘りごたつ式ではないのですか?」
と聞かれます。

高齢者の方が増え、法事などの際、今一番好まれるのが椅子での宴会です。
ひざを曲げた状態で食事をされるのがきついのだと思います。

座敷の畳の上の座布団で2時間も我慢はできない!
膝や腰が悲鳴を上げます。

味や価格よりも宴会の人数よりも椅子で食べれるかどうかが大きな鍵かもしれません。
となると、今までのスタイルを変えないといけないということです。
しかし、座敷を椅子形式に変えることは厳しいです。

後発参入の方にもやり方で、取り込める可能性があります。
従来、法事などの宴会は、街中でどこでやるのか決まっていました。
なかなかひっくり返すのが厳しかったです。

しかし、新しいニーズが出てきた以上、対応策が打てます。

「法事・宴会、100名様まで可能です。」
よりも
「当店の法事・宴会は椅子席、膝や腰が楽です。」
の方が、うけるかもしれません。

調理長に叱られるかもしれませんが、お客様にとっては年数回の法事宴会のお料理は何となくどこでいただいても同じ味?同じメニュー?
と感じておられます。

料理で差別化するのが難しいです。
原価をかければ、それだけ良いものが出せますが、儲かりません。
それにその分、値段を上げなくてはならず、そうなるとお客様は敬遠されます。

外食産業の今後の大きな課題かもしれません。
高齢者対策はメニューではなく、椅子で食事ができるかどうかかもしれません。

家でも座敷に座るのは苦痛?
ソファーの方が楽です。
生活習慣自体が変化してきているのだと思います。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


ラベル:宴会 法事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック