経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年06月15日

【常識は時代とともに変化する】おいしいご飯の炊き方から学ぶ

この前テレビを見ていると、おいしいご飯の炊き方をやっていました。
炊き方というよりも研ぎ方でしたが・・・

昔は、ゴシゴシと押し洗いするように洗っていましたが、
今は、精米機の技術レベルが上がっているため、そんなに洗わなくても良いとか???

本当、今まで結構洗っていました。水が透明に近くなるまで洗っていたような?
精米機のレベルが格段に上がっているそうで、今のお米はそんなに洗わなくても良いらしいです。

最初の研ぎ水は、糠があるためすぐに捨てて、その後3回程度軽く研げば良いとか・・・
研ぎ水で白く濁っているのは糠ではなく栄養分らしいです。だから研ぎ過ぎると栄養分がなくなります。そのため美味しくなくなるそうです。

技術が進歩すると、すべてのやり方を見直さないといけないと思います。
今までの常識が通用しなくなることもあります。
臨機応変に今の時代にあったやり方が必要です。

良いものを作るには、人の判断が大事だということだと思います。


よくご質問があります。
「美味しいごはんが食べたいのですが、どうすれば良いですか?」と・・・
いろいろと方法があると思うのですがいくつか改善課題はあると思います。

その1 釜を変える
その2 米を変える
その3 研ぎ方を変える

普通は、釜を変え、今までよりも少し値段の張る米に変えることをされるみたいです。

しかし、プロのお米屋さんにお聞きすると、美味しいごはんを食べたいなら、
お米の研ぎ方と浸漬の仕方を見直して下さいと言われます。

軽く研いで、浸漬を30分しっかりとすることらしいです。
こんな簡単なことで、味が変わるそうです。

モノをいくら変えても変わらない。
使い方そのものを見直さないと良くならない。
本当にそうだと思います。

今まで当たり前だと思っていたことを少し見直した方が良さそうです。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック