経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2016年11月30日

【飲食店の宴会戦略のキャッチコピー】宴会は20名まで

「当店では、宴会のご予約は20名様までとさせていただいております。おいしい料理を出来立てで提供したいためです。ご理解のほど、よろしくお願いします。」

こういうキャッチコピー、良いと思います。大宴会は、人数が多く、料理に期待ができない。熱々の出来立てが出てこない。何時間も前に作ったものが出てくる。そういうイメージを持たれている場合があります。

逆に宴会人数は少なくても

宴会料理も熱々、出来立ての時代。冷凍食品は使わない。
丁寧な作り方で料亭以上の味。
そんな店が大人気です。

宴会だから大人数が獲得できるという考え方もありますが、きっちりとした料理で人気を取るという方法もあります。

口が肥えたお客様が増えているため、こういう戦略、効果的です。
ラベル:宴会
posted by ノムリエ at 20:30| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日のつぶやき










posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【食品スーパーの販売課題】19時から値引きシールの対応

ある食品スーパーの光景です。
お客様は19時に値引きシールが貼られることをご存知です。だから19時前から少しずつお客様が増えています。

売場担当者の方が、値引きシールを貼りだすと、商品の取り合いです。お寿司や弁当が最大半額です。何個も買われているお客様もいます。

ところが、レジはいつものままで大行列が発生しています。値引きシールを貼るのは良いですが、店の対応が良くないです。19時に合わせて、人の配置を考えないといけません。

また人が集まらないのであれば、19時からの1時間は時給を上げるべきです。それもはっきりと違いがわかるくらいが良いです。

折角、お客様で賑わっているのに残念です。
店の対応、これからの大きな課題です。
posted by ノムリエ at 06:10| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【まちおこしの新たな戦略】動画を使ってPRしませんか?

まちおこしをしようとアドバルーンを上げても、何をするのか明確でない。それに全国の方に知っていただくための手段が決まっていない。そういうことが多いです。

今、大人気はやはりYouTubeです。一般の企業や店でも使い始めています。

動画というと腰を引く方がおられます。費用がかかるのではという懸念からです。でも、作り方によってはプロの方に依頼しても昔のような金額ではないです。

動画はインパクトがあります。話題性があります。
動画を作るというところから入っても良いのではと思います。

もしご興味のある方は、おっしゃって下さい。
プロの方、制作会社等をご紹介させていただきます。
posted by ノムリエ at 05:42| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【まちおこしは道の駅の活性化から】みやげもの品販売所の整備

やはり今人気で注目を浴びているのが道の駅です。道の駅がブランディング化されると、集客力が高まり、町が少しずつ潤って行きます。

しかし、商品を並べているだけでは厳しいです。商品開発・商品研究を行い、常に時代の先端を行くような商品が必要です。

食堂やレストラン・飲食店などもいつも同じメニューではなく、メニュー開発を行い、大手飲食チェーン店レベルの計画が大事です。

また、道の駅に限らず、みやげものを販売しているところを再活性化させること。もう、昔のように雑貨や箱菓子がバンバン売れるというようなことはないです。こちらも商品の見直しが必要です。

それと今の時流では、観光客の方は、新しいスタイルの雑貨・カフェの店へ立ち寄られます。こういった店を町中にたくさん作って行くことも大きな課題です。

道の駅、テレビでよくやっています。でも、それは一部だけのことです。自分の町の道の駅、活性化されませんでしょうか?まちおこしはそこから始まります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:36| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【サービスエリア・パーキングエリアの経営課題】市中から集客するためにはイベント企画が大事

施設内でお客様がお越しになるのを待つ。このような姿勢・発想では、市中からお客様を呼びこめません。

サービスエリア・パーキングエリアも市中の大型店と同じようにイベントを組むべきです。このイベントの成否にかかっています。

小さなパーキングエリアでも同じです。できる範囲でイベントを考えてみて下さい。

いつも何かやっている。
来月もまた来ようと思っていただけるかどうか?

少し視点や発想を変えて戦略を考える必要があります。
ラベル:イベント企画

2016年11月29日

2016年11月28日のつぶやき














posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ホテル旅館の経営課題】仲居さんの再教育が難しい点と改善策 〜ホテル旅館の立て直しコンサルティング〜

古手の仲居さん、誰も指導教育できません。注意することもできない。
その方の仕事のやる方は聖域になっていて、口出しできないようになっているという場合があります。

また、そのような古手の方がたくさんいると、もう誰の言うことも聞かないというたいへんな職場になってしまいます。

そこをどう改革するかが鍵です。
まずは、社長がきっちりと指導すること。会社や社長の方針に合わない。合わせない人は、自分でどうするのか判断してもらって下さい。

それくらい厳しく対応しないと、会社や社長をなめた人が出てきます。

会社や社長の考えを明確にし、それを理解し協力する人だけを残すこと。
そうすると辞めて行く人が多くなり、営業できなくなるのではとお考えの方もおられると思います。

だから、改革は比較的、暇な時期に行って下さい。
それと募集・採用も積極的に行うこと。

やはり、定着率が良いのは安心ですが、人が入れ替わりさらにレベルアップして行くことも大事です。

いつも同じメンバー、そこに落とし穴が待っています。
改革は、血の入れ替えが必要とも言われます。

近い未来のためにも仲居さんの再教育の徹底、しっかりと行いましょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 09:39| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ホテル旅館の経営課題】中居さんの立て直し

長く勤めていただいいる仲居さん、うれしいことですが、レベルやスキルは上がっているでしょうか?

間違いのない接客サービスはできていても、心の響く、印象に残るような接客サービスはできていますでしょうか?

ちょっとした気遣いなどもどうでしょうか?

お客様に「ありがとうございます」とかお礼状をいただくようになると本物です。また、そこを目指さないといけません。

接客サービスが作業になってしまうと良くないことが起こってきます。

そのためにもきっちりとした仲居さん向けの勉強会や研修会が必要です。
仲居さん向けにクレドなども作成されてみて下さい。

ホテル旅館は、施設が輝いている以上に、仲居さんが輝いていること。
それが繁盛の条件です。

是非一度、見直しを図り、改革を行いましょう。
posted by ノムリエ at 09:30| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【居酒屋苦戦の理由】絶対に食べたいメニューがあるかどうか?

今日、ある居酒屋チェーン店の新聞折り込みチラシが入っていました。もの凄く安いです。ビールがいつでも199円(税別)。串カツも1本100円から。いろいろ安いメニュー内容が記載されています。

さて、行きたくなるかどうか?
安いのは見てすぐにわかります。ところが、メニュー内容が普通の居酒屋メニューです。どうしても食べてみたいというようなメニューがないです。

名物メニュー作りをしないと、飽きられてしまいます。今、低迷している居酒屋はこの名物メニューがないことが一つの要因です。

安いだけでは限界が来ます。料理メニューの内容をグレードアップさせる。

ドン!と真ん中に食べていただきたい名物メニューがある。
そういうチラシをお客様は期待されているような気がします。
posted by ノムリエ at 09:24| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲食店や弁当惣菜の料理戦略】味の方向性 〜味付けは濃いめ?〜

だんだん、体のことを気遣い、味は薄くなっている傾向があります。

しかし、外食では味は濃いめが鉄則。どこよりもしっかりとした味付けで、癖になってもらう。そういう店が多いです。

弁当や総菜も味が薄いと何か物足らないと感じる方がおられます。

自店の味の方向性を考える必要があります。何が良いか、正しいかではなく、どのような
味付けのものを提供するかです。

また、そのことをメニュー表やPOPに記載する。
味を知っていただくことが最も大事です。

味の方向性、どうお考えでしょうか?
ラベル:味の方向性
posted by ノムリエ at 06:00| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【船井総研の仕事の仕方】個人商店のような感じなのですか?

お客様を大事にする。その一言に集約されていると思います。

個人商店のような感じだと噂には聞いていてもどんなものなのかはわからないと思います。しかし、本当に個々の担当者がクライアントを大事にします。その関係は、強いです。

また、クライアントの方に物凄く大切していただきますので、気持ちがどんどん入って行きます。

それと個々人で予算というものがあり、その予算を達成させるために自分で企画してセミナーや研究会を立ち上げ、目標達成させます。

すべて自分で自己管理しないといけません。他人から仕事をいただいているうちはまだまだ。自分で企画して売上を獲得するようになっています。

だから、必然的に個人商店のようになって行きます。それを数百名の社員が行いますので、伸びて行きます。

誰かに頼るわけでもなく、自分で道を開く。
強い意志を持った人でないと難しいと思います。
しかし、自分を成長させてくれます。

個人商店、良い仕組みだと思います。
posted by ノムリエ at 05:41| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ちょっと気になる経営課題】自社の商品サービスについてSNSで語り続ける

どういう営業方法を取られていますか?と聞かれることがよくあります。営業はブログ1本です。思っている、考えていること、実際にあったことなどを毎日書き綴っています。そのれに共感された方が電話されてきます。

ところが、みなさんブログをあまり活用されていません。ホームページがあるだけ。もっと自社の商品やサービスについて語った方が良いです。実際に会えば説明できる。納得していただけると言っても、それでは伝わらないです。

是非、ブログなどで自社の商品・サービスについて語って下さい。外周りの営業も良いですが、こういう地道な営業も大事です。

それと気になるのは、ある程度の規模のWeb会社やIT関連会社でもやっていないということです。俺たちはできると思っていても伝わらないと意味がないです。

だから、まだまだチャンスがあります。ブログを営業戦略の中に組み込んで下さい。それが最高の戦略になるかもしれません。
posted by ノムリエ at 05:33| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

2016年11月27日のつぶやき












posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【信頼のおける人の評価】落ち着いてはるわぁ

この言葉に凝縮されているような気がします。

落ち着いているというのは、単に行儀良く落ち着いているという意味だけでなく、任せて大丈夫。安心だという意味が含まれています。

落ち着いている人になる。
これも人生の課題かもしれません。

そう言われるように努力したいと思います。
posted by ノムリエ at 10:36| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カレーの売り方】カレーではなく、カツカレーを売れ!

最初からカツカレーをメインメニューにして売った方が良いです。その方が客単価が上がります。

おいしいカツカレーを提供している店にする。
ちょっとしたことなのですが、客単価が違ってきます。

おいしいカレーを売りたいというのもわかりますが、一工夫で売上アップ。

カツカレー専門店も有りだと思います。
ラベル:カツカレー
posted by ノムリエ at 09:10| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【行政機関向け研修企画プラン】中堅及び広報担当職員向けコース 

今、下記のような企画プランを提案しようと考えています。
同様のことを行いたい、興味があるので話を聞きたいという方は、お気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いします。

1.市職員としてのあり方
(1)外部から市職員に期待されていること
(2)市職員と町おこしの理想的な関係
(3)市職員としてやらなければならないこと
(4)住民サービスの見直し・強化
(5)組織人としてのあり方
2.集客アップ戦略 
(1)イベント企画の開催
(2)公共施設を使った集客アップ企画
(3)趣味性の強いものの商品化・PR
(4)お金をかけずに集客アップする方法
(5)金額別・費用別の集客アップ方法
(6)広告宣伝の考え方とその手法について 
例、新聞折り込みチラシやフリーペーパーの活用法
(7)商品別の最適な広告媒体について
2.観光戦略
(1)観光地の再整備
(2)観光ルートづくり
(3)看板の見直し・作成
(4)パンフレット等の紙媒体の広告物の見直し
(5)Web・ネットの強化
3.インバウンド戦略
(1)多国語でのホームページ作り
(2)姉妹都市への営業
(3)観光関連会社への営業
(4)海外からの取材の申し込みを受ける方法
4.広報活動
(1)広報部からの情報発信のあり方の見直し
(2)広報を行う上で必要なものの見直し
(3)期待される広報部づくり
5.町おこしのサポート体制の構築
(1)サポート部の創出
(2)サポートメニューの整理
(3)サポート体制づくりで必要なものの見直し
6.SNSの活用法
(1)ブログの活用法
(2)ツイッターの活用法
(3)フェイスブックの活用法
(4)SNSとホームページの連携方法
7.ポータルサイトづくり
(1)SEO対策について
(2)各事業主のとのリンク
(3)公共施設とのリンク
(4)日々の情報発信
(5)ポータルサイト運営者の決定と運営の仕方

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 07:00| 新コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲食店の経営課題】怒鳴り散らすオーナー・店長からおいしい料理は生まれない

ある方が、こうおっしゃっていました。その通りだと思います。
忙しくなると怒鳴りたいのもわかりますが、おいしい料理はできますでしょうか?

怒鳴りたくても怒鳴らない。
それを抑えることができるかどうかも大事なことです。

怒りは必ず自分に返って来ます。
注意して下さい。

意外なところに大きな経営課題が潜んでいます。
posted by ノムリエ at 05:54| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【本物の経営コンサルタントの仕事】船井総研で教育を受けた人は何が違うのか?

しっかりした報告書・マスタープランが書けます。
これが大きな違いです。

イメージや何となく良いアイデアというところで止まりません。きっちりと資料をまとめて報告書に仕上げます。

これができるようになると一人前です。依頼主の方もこの報告書がないと提出できません。

だから、依頼される時にこの報告書やマスタープランが書けるかどうかで判断されます。

良いものを作る。提案する。提出する。
それが使命です。

分厚い調査報告書、一度どんなものなのか、お聞きになってみて下さい。
ラベル:船井総研
posted by ノムリエ at 05:40| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【新聞屋さんの地域密着型 宣伝広告!!】チラシの撒き方の再考

昨日、集金時にチラシをいただきました。
サイズ別「新聞折り込み」「ポスティング」「集金時手渡し」の金額が書いてあります。

すごくわかりやすい内容です。
さらに各々の「特徴」「配布機関」「配布エリア」「枚数」「エリア指定」まであります。

新聞屋さんが新たな戦略。エリアを限定してチラシを撒くには良いと思います。

それと凄いと感じたのは、「集金時手渡し」です。これだと新聞折り込みやポスティングのようにゴミ箱に捨てられず、確実に見ていただけます。

小さなお店などにはぴったりの企画です。
本当によくできたチラシです。これでどんどん開拓されて行くのでしょう。
posted by ノムリエ at 05:34| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする