経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2016年06月30日

2016年06月29日のつぶやき


















posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【経営相談より】店頭のハンドビラの効果はどうですか?

昔のような効果はなくなっています。ビラをもらったからと言って、その店に行ってみようとはならないからです。

それと外食を初めからしようと思っておられる方は、あらかじめスマホで調べておられます。

店の前でハンドビラを渡し、集客を図る。
暇な時、お客様が少ない時は、スタッフがビラ配り。
そういう風景も徐々になくなってきています。

では、お客様が少ない時は何をしているか?
それはSNSです。特に個人店ではSNSをフル活用されています。ビラは配られません。

後は、大手チェーン店です。勤務時間中は原則、SNSやスマホは禁止になっています。だから情報を外へ流すことができません。

だから、店頭のガラス面いっぱいにPOPを貼られています。

駅前や人通りの多いところへ行ってビラを配るというのは、反響が少ないです。
次の戦略を考えられた方が良いような気がします。
posted by ノムリエ at 10:51| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【コンサルティング依頼より】個人面談ではなく個別指導を行いたい

面談を行い意見を聞くのではなく、個々人別に指導教育を行いたい。事前に個人別の資料をお渡ししますので、指導場面に一緒に参加していただけませんか?

課題・問題点もわかっており、後は個別指導だけという会社もあります。ただし、何度も指導教育を行ってきているが、何も変わっていない。だからコンサルタントの先生にも参加していただき、教育して欲しいという内容です。

この方法も良いと思います。
社長が厳しく指導しても変わっていない。刺激が必要ですし、世の中のことを知っていただくためにも良い機会だと思います。

でも参加者は、緊張すると思います。社長とコンサルタント二人が前にいて、何をいわれるのだとうかと不安になるかもしれません。

しかし、今後大きく成長していただくためのアドバイスだと思って欲しいです。何をしなければならないのかをはっきりとお伝えします。もし、やり方がわからなければ、その場で確認して下さい。

個別指導で個々人のスキルアップ!
是非、ご検討ください。
タグ:個別指導
posted by ノムリエ at 10:42| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【サービスエリア・パーキングエリアの経営課題】肉バル化は可能か?

市中では肉が大人気。特に肉バルが流行っています。
さて、サービスエリア・パーキングエリアで肉バルは可能でしょうか?

バルというとお酒を提供している店というイメージがありますので、サービスエリア・パーキングエリアで置き換えて考えると、肉メニューが強い店になります。

肉メニューが強いというコンセプトであれば可能ではないでしょうか?
とんかつ・肉入り野菜炒め・唐揚げ・ステーキ・焼肉等々、肉メニューを強化することができます。

それと肉はわかりやすいです。みんな好きなため、あの施設へ行けば、安くておいしい肉料理が食べれるとなる客数が増えます。

さらに、口コミで広がって行くと今度は、市中からお越しになる方も増えます。

いろいろあるというのも良いですが、肉メニューの強化、面白いと思います。

地域特性もありますので、どこまで肉メニューが通用するか検証が必要ですが、集客効果がある戦略です。
タグ:肉バル

【食品スーパーの超目玉商品】赤城 ガリガリ君ソーダ 税別39円

ついに新聞折り込みチラシの左上に掲載。
ガリガリ君で集客を図る。良いアイデアだと思います。

それと気になるのが、個数制限ですが、書いていません。何個、買っても良いのでしょうか?

また、アイスクリームの企画は今くらいが良いです。もう少し熱くなると、アイスクリームからドリンクや氷に変わります。それに暑すぎると家に持って帰れません。

何本売れるのでしょうか?
興味津々です。

お客様が喜ぶ企画で集客アップ。
また、やって欲しいです。
posted by ノムリエ at 08:12| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【道徳教育について】困っている人がいたら手を添える

繁盛企業の経営者の奥様がよくおっしゃっていた言葉です。

自分の周りで困っている人がいたら手を添えてあげなさい。
それが人としての心です。

また、手を添えてあげた方が良い人がいないか、常に気を張っておくこと。
そういう気持ちで生きて下さい。

町中や病院などでは、ちょっと手を添えてあげた方が良い人が増えています。
見つけた瞬間、すぐに自分の体が動くかどうか。

手を添えるという教育、忘れないようにしたいです。
住みやすい世の中にするためにも手を添える大事だと思います。
タグ:道徳教育
posted by ノムリエ at 07:53| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【リニューアルオープンの計画について】販促企画、POP・販促物等のリニューアル

店のリニューアルの計画は立てられると思いますが、販促企画、POP・販促物等のリニューアルは何か考えておられますでしょうか?

例えば、店をリニューアルしなくても販促企画、POP・販促物等をリニューアルすることで売上が上がるかもしれません。

あるいは店のリニューアルと同時に販促企画、POP・販促物等のリニューアルを考えるという方法もあります。

もう昔のように店を綺麗にしただけでは売上アップは望めません。それ以上に時代にあった販促企画が大事です。

新しい顧客を獲得するためにも新しい販促手法が必要です。特にSNSの活用をお考え下さい。これが今最も反響の大きい販促手法です。

安易なリニューアルオープンは危険です。
必ず販促企画、POP・販促物等のリニューアルも計画に入れて下さい。
posted by ノムリエ at 06:24| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【管理職の個人面談の注意点】管理職の個人面談でわかること

・会社のことを考えている発言
・部下のことを考えている発言
・お客様のことを考えた発言

これらがないと良くないです。会社に言いたいこともあると思いますが、愚痴をこぼしていても意味がないです。それに面談の意味合いを理解した上で発言すべきです。建設的な意見が欲しいと思っているのに、後ろ向きのことばかり言っていると評価は下がります。

考えて欲しいのはこの3点だけです。常にこのことを考えて行動する。会議などでもこのことに関する提案をする。

管理職になると自分のことは後です。そういう意識を持って仕事をするのが理想です。

みんな考えていること、思っていることは違います。時には逸脱したことを考えている方もおられます。そのような話も聞きながら指導教育を行うことが大切です。

でも定期的に管理職の個人面談は行った方が良いです。会社の考えている方向とは違った方向へ行っていないか確認して下さい。

【町中の現状】新店オープンが少ない

今年に入りさらに少なくなりました。これでは、フリーペーパー発行会社なども新店特集が組めません。広告主を探すのがたいへんだと思います。

町から店の数が減るだけ。増えることはほとんどなし。それが今の現状です。

空き物件は埋まらず、何年もそのまま。町自体が老朽化している感じすらします。

小さな店ならできそうな気もしますが、1日いくら売上があるのかを考えると安易に出店するのは危険です。

大手チェーン店でも苦戦する時代です。慎重に検討した方が良いです。

今までは店の入れ替わりが早かったですが、その入れ替わりがありません。
厳しい状況が続いていますが、生き残ること。続けることが大事です。

それと、新しいことにチャレンジして、積極的に伸ばそうと努力すること。
また、自店の贔屓にしてくれる客層をきっちりとつかむこと。

新店オープンがないということはチャンスかもしれません。
そういうふうに前向きに考えられ、何か仕掛けて行くことが大切だと思います。
posted by ノムリエ at 05:12| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

2016年06月28日のつぶやき
















posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【経営相談より】商店街は空き物件が多いですが、出店して成功するでしょうか?

おっしゃる通りで、商店街の空き物件増えています。
もしここに店を出せば・・・と思いたくなります。

家賃などの金銭的な条件だけでなく、商環境の調査を必ず行って下さい。

まず、出店しようと思われている同じようなタイプの店・業態で繁盛している店が商店街内にありますか?

あるいは、商店街に繁盛店と言えるような店は何件ありますか?

昔は、商店街は最高の立地でした。ところが車社会が進み、駐車場がない店は廃れて行きました。

だから、駐車場がなくても良い店かどうか、それも判断して下さい。

こういう場合、オーナーと一緒に商店街を歩き、可否判断を行います。さらに商店街以外で成功しそうな物件も探します。

空いているからやってみたくなる。その気持ちもわかりますが、1年も経たずに退店される方も多くなっています。

出店はじっくり調査をかけてから、それが条件です。
タグ:商店街
posted by ノムリエ at 15:59| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲食店の売上アップ策】店の必死さは店頭に貼ってあるPOPでわかる!

今日、商店街を歩いていると、牛丼チェーン店の前を通りました。今までとは違い、店頭のガラスにPOPがたくさん貼ってあります。ガラスの部分が見えないくらいです。

それくらい必死に頑張っておられます。大手チェーンだからある程度は安心と言えない時代です。

少しでも売上を上げるためには何でもする。綺麗ですっきり、後はブランド力で店に入ってきてくれるだろうというのは昔の話です。

同様に他のファーストフード店を見ると、業績が良いチェーン店ほどPOPを貼っておられます。

昔は、大手の方がPOP貼らないという傾向がありましたが、今は逆です。

個人店の方は、もっとPOPを貼りましょう。
POP競争で負けないようにしましょう。

店主のやる気は、店頭のPOPでわかります。
是非、実行に移されて下さい。
タグ:pop
posted by ノムリエ at 15:26| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ラーメン店の売上アップ策】ラーメン店が居酒屋メニュー

商店街の中のラーメン店。
ポータルサイトでも評価が高く繁盛されているようですが、なんとディナーに居酒屋メニューを導入。

店頭に大きな三角看板で案内されています。
見ていると、自転車を乗っている方も足を止めてメニューボードをご覧になっています。

ラーメン専門だけでは客単価が上がらない。それに商店街の中の立地であれば、通行客の入店を促す良い戦略かもしれません。

考え方はいろいろあると思いますが、可能性のあることは何でもやる。それも一つの考え方だと思います。

少しでも売上を上げる。
そのために何ができるか、大切なことだと思います。
タグ:ラーメン店
posted by ノムリエ at 13:09| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【サービスエリア・パーキングエリアの経営課題】厨房内の一体化・協力体制

支配人や店長の方は、意識していますでしょうか?
厨房内が一体化・協力体制が築かれていないと良くないです。

少しでも早くて、見た目に綺麗な料理を出すこと。
そのためには一体化・協力体制が必要です。

常に声を掛け合いながら仕事をする。
仕事にかかるまえに打ち合わせを行い、手順を確認する。
手が空いた人は、忙しいところにヘルプに入る。

どれも当たり前のことですが、自然とできていますでしょうか?
これらのことを厳しく指導教育することが大切です。

自分の仕事だけでは困ります。周りを見て仕事をすること。
協力体制が出来上がると、何でも早くなります。そうすると、お客様に迷惑がかからなくなり、高評価をいただけます。

任せておけば大丈夫。変なものは出ないだろうと思っていると良くないです。
厨房の管理、必ず行って下さい。

【コンプライアンス講習会で会社の立て直し】何が良くて、何がいけないのかをはっきり指導教育する

どこまでは良いのか?
何がダメなのか?

それを一つずつ細かく説明する必要があります。曖昧模糊になっているものをはっきりさせる。そういう講習会でないと意味がないです。

明日からどうしないといけないのかを指導教育する。そういう場にするのが良いと思います。

また、社員の方ら質問や意見を聞く場を設け、実例ごとにどうすれば良いのかを答えてあげることです。

それと、他社事例が一番ピン!ときます。そういう話を外部のプロの専門家から聞き、自社を改革して行く。それが一つの方法です。

いろんな会社でコンプライアンス問題が発生しています。表に出て来ていないだけで、社内ではどこもたいへん。大きな問題に発展する前に、一度講習会を開かれることをおすすめします。

【製造業の企業再生・立て直し】営業部の改革 〜腰が重い営業部〜

何もしなくても商品力や時流で受注が入っていた時代は終わっています。
受注があった時に営業部を強くしておくべきです。

時流が減り受注が減って来ると営業が動かないといけませんが、腰が重い。特に新規獲得のための営業を行ったことがないとなると厳しいです。

また、営業をかけるには新商品が必須です。ところが何十年も新商品が出ていないということがあります。

製造業の場合は、製造に関する効率化等を考える前に営業の改革と新商品の創出が大事です。この2点を改革することが再生・立て直しにつながります。

金融機関もご存知です。コストカットした後、営業が動いて仕事を取ってくるような体制づくりができるのかどうか?そこが鍵です。

営業部へ行くと、電話をあちこちでかけている。それくらいが理想です。
そのためには、まず社長がトップ営業を仕掛け、見本を見せることです。

営業が強い会社づくり。
それが大きな課題です。
posted by ノムリエ at 05:40| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【経営の注意点】親の店を引き継ぐ

普通にそのまま親の店を引き継ぐ。現状黒字で何も問題はない。そういう場合は良いですが、なかなかそうはいきません。

厳しい状況で、引き継いで立て直しを図らないといけないということもあります。

また、気を付けていただきたいのは、世の中の変化です。今のままで経営環境が変わらないということはないです。必ず変わります。

だから、引き継いだ時から、どう変わるか、それを考えないといけません。

店を変えて行き、進化させる。新しい事業を起こす。
次のステップが見えているかどうか?

引き継ぐだけでもたいへんかもしれませんが、それだけでは上手く行きません。
引き継ぐ前から未来のプラン、考えて下さい。
posted by ノムリエ at 05:29| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

2016年06月27日のつぶやき


















posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【サービスエリア・パーキングエリアのマーケティング課題】市中で流行っている商品やメニューはすぐに扱え!

デマ地下を狙うなら、最新店舗と標榜するなら、市中で流行っている商品やメニューはすぐに扱うこと。

例えば、今飲食店ではローストビーフ丼が大流行りです。一部、メニュー提供されている施設もありますが、市中のものよりもおいしくて安いものを研究することが大事です。

業態的には、肉バルです。立ち食いステーキに始まり、様々な肉メニューの店が繁盛しています。同様に何か肉メニューで仕掛けられませんでしょうか?

物品販売においても今人気が高まっている商品があります。それは、もち麦です。ネット上でも扱っている店が少なく、みなさん探されています。特に国産のもち麦は数が少なく、入手が難しくなっています。

そういう人気で希少性の高い商品を探し、扱うことが大切です。

リサーチされていますか?
施設は綺麗になっても商品が新しくないと古く感じられます。

「あ〜ぁ昔と一緒やなぁ」と言われると残念です。

最先端を目指すなら、人気商品、是非扱って下さい。
タグ:市中

【フリーペーパーのマーケティング戦略の考察】設置型のフリーペーパーが減っていない

昔は、設置されている場所に新号が入るとすぐになくなっていました。発行者が巡回し、補充の繰り返しでしたが、最近は残っています。

ほぼ毎日通る高架下の商店街でこの状況です。ちょっと心配になりました。

もうフリーペーパーを家に持ち帰り見るという人は少なくなっているのでしょうか?

スマホが完全に生活の一部になり、紙がいらなくなっている人がおられます。そういう方にとって、紙をわざわざ持って帰っても処理に困るのかもしれません。

それに発行元もネットで情報を流していますので、ネットを見ればわかります。

フリーペーパーの役目は?
フリーペーパーの購読者層は?

フリーペーパーが全くなくなるということはないと思いますが、紙媒体の購読者に向けての戦略が大事です。

営業をかけ、広告主を見つける。ただそれだけでは、購読者は満足されません。

一度、購読者にアンケートなどを取られ、改善を図ることも必要な気がします。

経営コンサルタントしては、フリーペーパーの購読者が増え、設置場所からすぐになくなって欲しいです。そうすると、広告販促の反響が大きくなるからです。

フリーペーパーのあり方、活用の仕方も再考の余地ありそうです。
posted by ノムリエ at 14:27| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする