経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2016年03月31日

2016年03月30日のつぶやき










posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【繁盛焼肉店の法則】同窓会・クラス会がある

宴会があると助かります。売上が上がるだけでなく、準備もしやすいです。

ところが、今日ネット上で発見したのは、大人の宴会ではなく、学生さんの同窓会・クラス会です。お酒が入らず純粋に食事だけの会です。

低価格の食べ放題店など、学生さんでも気楽に利用できます。また、人数が多いのが特徴です。そうすると、店の売上に大きく貢献します。

3月・4月は、何かと会合が多い時期ですが、学生さん向けの企画などを設けて集客することも検討されてはいかがでしょうか?

新しい顧客を探す。獲得することも大事です。
学生さんも利用してくれる店づくり、一つの課題かもしれません。
posted by ノムリエ at 15:13| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【立て直しが必要な会社の現実と課題】プロジェクト会議の進め方で会社の状態がわかる

会社の立て直しを行う際には、必ずプロジェクト会議を行います。社内における問題点・課題を上げ、アクションプランに落とし込み、解決して行きます。

通常、プロジェクトメンバーは有志の方に集まっていただくか、会社や社長に指名された方が参加です。それに参加希望者を募り、参加してもらいます。

ところが、窮状に陥っている会社ほど、プロジェクト会議参加の条件として手当を出して欲しいという意見が出てきます。時間外で行うのであれば、会社としても出すことを考えないといけませんが、勤務時間内であれば支給する必要はありません。

お金がもらえないのなら、参加しない、会議を開かないというのはちょっと寂しいです。

こういう状態があるため、業績は回復していません。自分たちで何とかしようという気持ちがないと会社は良くなりません。会社が指定した会議にだけ集まっていてはダメです。少しでも業績が悪い場合は、上長の方が声をかけて社員を集め対策を打つことが大事です。

労働時間内であるかどうかは関係ないです。普通の会社は、そのようなことは考えません。ピンチの時はみんなで集まって知恵を出し合います。

また、良い会社、伸びている会社でプロジェクト会議を立ち上げると、たくさんの方が参加を希望されます。さらに折角、先生が来られるのであればとプロジェクト会議と同じ日に勉強会や研修会をして欲しいという意見が出てきます。

プロジェクト会議などからでも学ぼうという姿勢が物凄いです。宿題・課題なども自分たちで探し、次回の会議までには改善の進捗状況を報告されます。

それとプロジェクト会議を行っていくと、だんだん参加者が少なくなって行きますが、良い会社は逆です。徐々に増えて行くのです。さらに時間も長くなり、開催日も増えます。

プロジェクト会議に対する不平不満などもないです。会社を良くすること、自分を成長させることで必死です。

これが現実です。プロジェクト会議をこれから行うというアナウンスをすると、会社の現状がわかってしまいます。でも立て直しはそこからです。みんなを引っ張って行き、会社を変えないといけません。だからこそ、プロジェクト会議、大事です。
posted by ノムリエ at 10:08| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【経営幹部の心構え】人のことは安心しないこと

この人は大丈夫だろうとか、
良い上司の下で仕事をしているので大丈夫だろうとか、
安心してしまいます。

どんなに経験があり、ベテランであっても同じです。ちょっとしたことで人は変わります。良い方向に変わってくれるとうれしいですが、逆の場合もあります。

だから、どんなに従業員数が増えても連絡を密に取り、状況を確認して下さい。同じ部署の上長からの報告があったとしても、それだけでは不十分です。

全従業員と月1回は顔を合わせて、話をすること。声をかけること。それが会社の幹部の方の大事な仕事です。

やっぱり顔を見ないとわかりません。
顔を見ると安心します。

忙しいからと言って、従業員と顔を合わせないようになると、業績が下がるか、何か問題が起こるシグナルです。
気を付けて下さい。
posted by ノムリエ at 07:58| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【個人面談の必要性】パートさんの話も聞いてあげて下さい 〜どこまでの従業員の方を面談対象とされますか?〜

定期的に個人面談をすることをおすすめしています。特に、店長や店長候補の方、あるいは課長や役職者の方の面談をよく行っています。

できれば全社員、全従業員の方の面談ができれば良いのですが、時間的な問題等から、選抜した人からしかできません。ところが、面談者の方の面談が終わると、面談室の外に待っておられる方がいます。

「私も面談して下さい」とおっしゃいます。その方は、この会社のパートさんのようです。とりあえず、会社や社長の了解を得て下さい。いつでも面談はいたしますので、お願いしますとお伝えします。

結構、こういう方が多いです。実際、面談をしてみると、労働時間や給与・手当、仕事のことだけでなく家族のことやその他いろんなことで悩んでおられます。それと、折角、先生が来ておられるので聞いてみたいと思っていることがたくさんあるようです。

でも、これっといった大きなアドバイスはしていませんが、面談が終わると表情がスーッとされています。その後も電話相談があるのかなぁと思いますが、ありません。疑問点は、会社に言って解決されます。

だから、いつも面談者の方のリストを作っていただく際に、できるだけ多くの方の面談をお願いしています。面談の主旨を伝え、面談希望者をあらかじめ募ります。

また、パートさんの場合は、個人面談では同じ職場の方のグループ面談というのもよく行います。その方が、どんどん意見が出てきます。

大事なのは聞いてあげること。聞いてみたい、言ってみたいと思ってもなかなか切り出せないものです。胸の中でふつふつとしたものが残ったまま仕事をしているのは良くないです。

自由に思っていることが相談できる場を設ける。これも会社の大事な使命です。
一人でも多くの従業員の方の面談を行って下さい。
それが良い会社にするための第一歩です。
タグ:個人面談
posted by ノムリエ at 05:17| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

2016年03月29日のつぶやき










posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【POSデータの活用法】価格で販売個数データを出す!

価格で販売個数データを出してみて下さい。1日でも週間でも月間でも良いです。
ジャンルや分類は問わず、店の売上データを価格で販売数を出します。

そうすると、傾向が見えて来ます。
実は、今伸びているのは1個100円以下の販売数です。

売場に100円以下の商品数を増やす必要があります。一般消費は厳しいです。安いものしか売れないというようなことも起こっています。それを数字データで見つけて下さい。

景気が悪くなればなるほど価格に敏感になります。どの価格の商品が売れているのか、どの価格になれば販売数が鈍るのか、それを発見することがデータ分析の大事なところです。

売れ筋商品発見やABC分析だけでなく、価格ごとの売れ個数、一度出してみて研究することが大切です。
posted by ノムリエ at 13:04| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【個人面談における相談と質問】会社の者が行う面談と武内先生にお願いした場合の個人面談は何が違いますか?

個人面談はやろうと思えば社内のものだけでできます。わざわざコンサルタントにお願いして実施するのはいくつか理由があるからです。

・どうしても外部の第三者の者が行う必要がある
・社内では一度行っているので、今回は外部の方に行って欲しい
・社内の者がやると本音を言わない、言いづらい
・外部の第三者の目で見て、言っていることは正しいかどうか指導して欲しい
・社員や従業員から出てきた意見をまとめて欲しい

また、社内の方が行うと、どうしても先入観があります。今までの印象が残っていたり、だいたいこういう人だろうと思ってされますので、真っ白な状態で面談が行えません。

逆に、私のところに来るのは、年齢・経験年数、配属先、役職、氏名くらいです。全く知らない方と初めて面談ですので、先入観はないです。

だから、ご興味のある方は、おっしゃって下さい。
貴社にあったやり方を提案させていただきます。

個人面談、一度なさってみて下さい。会社のこと、人のこと、いろんな問題・課題が出てきますが、それらを解決しないと良い会社にはなりません。

社員や従業員の方の本音を聞いてあげる。
これも大切なことだと考えています。
タグ:個人面談
posted by ノムリエ at 10:32| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自己成長のきっかけ】自分を改めることに気づく

個人面談などを行っていると、会社や上司に対する希望・要望が出てきます。それはそれで良いのですが、仕事が上手く行っていない原因は、会社や上司だけでの問題ではないと思います。

大事なのは、自分を改めること。
そのことを気づいて欲しいです。

希望・要望を聞いて欲しいというのもあると思いますが、自分を改めようという姿勢がないと誰も意見を聞いてくれなくなります。

折角の良い意見も色あせたものに見られてしまいますので注意した方が良いです。

他人のこと、会社のことは良く見えているが、自分のことは見えない。自分のことは変えようとしないと信頼されなくなります。

指導教育でも大切なのは、気づいてもらうことです。話を聞いていたり、会話をしている中で、自分が悪かったんだ、変えないといけないんだということをわかってもらうことです。

小さな壁なのですが、本人にとっては大きな壁になっています。
そういう方には是非、サポートしてあげて下さい。
posted by ノムリエ at 08:11| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間味のある人?

よくこういう言葉が出てきます。
でもこういう人が好かれます。

人間味のある人でないと信頼されません。人が集まってきません。
さて、自分はどうでしょうか?

一緒に涙を流してくれる人。
いつも真剣に考えてくれる人。
形式ばらず、普通に会話ができる人。

人それぞれ、考え方や受け止め方は違いますが、「人間味」大事だと思います。

人間性を磨くというのもこういうことから出て来ているのかもしれません。
人間味のある人になる。
これも人生の目標としても良いのではないでしょうか?

そういう人が同じ職場にいると安心感があります。
人間味のある人になる。一度、立ち止まって、考えてみて下さい。
posted by ノムリエ at 05:08| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

2016年03月28日のつぶやき








posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【コミュニケーション能力の高め方】顔の表情はいくつありますか?

話をしていると、いつも固い表情。それに一つしか表情がない。
そう相手に思われると損です。

喜怒哀楽があるのが人間です。
話をしながらいろんな表情をするように心がけてみて下さい。

そんなことをしたら評価が下がるのではと思いがちですが、逆です。そういう表情が豊かな人ほど評価が高いです。

特に、上の人よりも自分よりも役職や年齢が下の方に対して、笑顔で楽しそうに話すようにして下さい。

それと自分から毎日、声掛けを行うこと。
そうやって信頼関係は生まれて行きます。

経験豊かなベテランさんになればなるほど、顔の表情、たくさん持っておられます。
場面場面で上手に使い分けておられます。

顔の表情の数を増やす!
これも若いうちは、一つの課題だと思います。
posted by ノムリエ at 11:06| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【社内・店内での呼び方について】「さん」付けで呼び合う風習

大学を出て、大手経営コンサルタントに就職しましたが、そこで学んだ大きなことがあります。

それは、社内ではすべて「さん」付けで呼び合うことです。役職名では呼び合いません。社長でも「さん」付けでした。

社会人1年生で一番呼びづらかったのは、同期の人たちです。必ず「さん」を付けて呼び合わないといけません。上の人に対してはいくらでもできるのですが、同期は慣れるまでたいへんでした。

そうして1年経つと、今度は新しい新入社員が入ってきます。今度は、その人たちに対して「さん」付けをしないといけません。呼び捨ては厳禁!

これが慣れると、誰に対しても「さん」付けができるようになります。どんなに若い人でも、学生さんに対してもできるようになりました。

人を敬うという点では。「さん」で呼び合うのは良いと思います。
それに綺麗です。周りで聞いていても何か安心感があります。

それと上から目線というのがなくなります。相手を尊重して話すようになり、本当に良かったです。

4月から新しい人が入って来ると思います。
みなさんの会社、店ではどういう呼び方をされていますか?
posted by ノムリエ at 08:20| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【経営の注意点】売上だけを追いかける会社にしない!

売上予算を追いかけるために必死。しかし、それが行き過ぎると会社はおかしくなります。
売上を達成させるためには何をしても良いというような雰囲気が出来上がってしまいます。

そうすると、クレームや未収が多くなり、売上以上にマイナスのものが増えて行きます。大きな問題が起きてやっと気付きます。こんなことをしていたら会社はおかしくなるということを・・・

社長や経営幹部の方は、無理をして数字を作っていないかどうかチェックして下さい。売上数字が上がっていても中身やプロセスを必ず確認して下さい。

問題が発覚すると退職する人が出るという悪循環に陥ることがあります。どこかで止めないといけないのに、また同じことの繰り返し。これでは本当に危ないです。

売上以上に何を考え、何をしなければならないのか?
自社の経営目標はどこにあるのか?
それを見直すことも大事なような気がします。

売上を追いかけるのも会社を守るという意識から来ているのならまだ良いですが、高給与や報酬が目当てなら収まらなくなります。

売上が好きな会社ではなく、自社の経営目標が好きな会社を作って下さい。
それが一番の経営課題だと思います。
posted by ノムリエ at 05:39| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

2016年03月27日のつぶやき








posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【3月30日・31日にやること(あるいは今週末にやること)】新年度を迎える前に大掃除!

早く、告知して下さい。
掃除道具は揃っていますか?

断捨離!やりましょう!
気合いを入れて大掃除です。

新年度を綺麗な状態で迎えましょう。
勝つためには掃除からです。

是非、ご検討ください。
posted by ノムリエ at 11:33| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今後のマーケティング戦略】高齢者目線での商品構成を考える

・家で調理しなくて良いもの(100円焼き、お好み焼き)
・やわらかい食べ物
・常温で日持ちのする商品(食パン・菓子パンなど)
・価格が安いもの(100円以下の商品)

産地直送で鮮度が良い商品よりもこれらの商品を買い求められる方が徐々に多くなっています。

今後の高齢化社会を考えると、視点を変えて検討・研究することが大事です。

それと、自分が普通だと思わないこと。
皆、年を取ります。年を取った時、初めて気づきます。

高齢者の方が求めているもの。
高齢者の方が欲しているもの。
高齢者の方が期待しているもの。

これらのことを満たした商品を扱わないと、店は繁盛しないような気がします。
タグ:高齢者
posted by ノムリエ at 08:34| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中小企業の経営課題】会社を守るという教育

どうもこのことが希薄になっているような気がします。自分の仕事をきっちりとすれば、それで良いというような感じの人が多くなっています。会社や組織に属しているわけですから、まずは会社です。もし、会社に何かあれば、今と同じ仕事はできません。

だから、会社を守るという意識を持つことの大切さを教えることが必要な気がします。

会社を守るとは・・・
1. 会社のことを考えて言動・行動を行う
2. 会社の業績を力を合わせて上げる
3. 外部から高い評価をいただけるよう皆で協力する

それと内包している問題点を早く見つけ、対策を打つことです。これが遅れると、良からぬことが起こります。

また、一体化した会社を作ること。どんなに能力が高くても職人の集まりにならず、組織人としての行動が取れる人を育てて下さい。

何か起これば、みんなで会社を守るんだという気概がないと、立て直しは難しくなります。

会社を守るという教育、大事になっています。
指導教育の場で一度話してみて下さい。
posted by ノムリエ at 05:14| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

2016年03月26日のつぶやき








posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【会社の評価は新入社員の1年後の姿】哲学を持った社員になって欲しい!

1年経つと、物凄く変わっておられます。新入社員研修では、大丈夫かなぁと思っていた方が、しっかりとされた顔になっています。

おそらく、社風が良く、周りの先輩や上司からの良い指導があったからでしょう。

採用時に少しでも良い人を採りたいとおっしゃいますが、それは実際には難しいです。学歴だけでは測れないものがあります。面接や採用試験でもその方の将来の成長度を見ることはできません。

どんなに能力が高くても配属先に恵まれないと伸びないということがあります。だから、受け入れ側がしっかりと教えること、育ててあげることが大事です。

社長や会社も焦らないです。即戦力化を希望されますが、育ったかどうかは1年後です。

今度入ってくる新入社員と比較してみえるとすぐわかります。1年の差がこんなに大きいのかというのがわかります。

社会人1年目、この年は本当に人生が変わるくらい大きな1年です。どういう先輩・上司に付いたか、それで決まると言っても良いくらいです。

だから、いろんなことを教えてあげて下さい。経験させてあげて下さい。
落ち着いて、しっかりとした目にするためには、会社のサポートが大事です。

あとは、どういう社員になって欲しいか、未来像を伝えて下さい。
私はいつも「哲学」を持って下さいと伝えています。
何のことやら・・・と最初は思うかもしれませんが、仕事を覚え、できるようになると哲学が大事だということに気づくと思います。

哲学を持った社員、出て来て欲しいです。
哲学談義したいです。
是非、頑張って下さい。
1年後、大きく変わっていることを期待しています。
タグ:哲学
posted by ノムリエ at 11:09| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする