経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2016年02月29日

2016年02月28日のつぶやき






posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【売場の見直しと販売計画の実行】棚卸日にやることは?

今日は、月末の月曜日で雨。(大阪)
棚卸には最高の日かもしれません。定休日にして実地棚卸をされている店も多いのではないでしょうか?

さて、棚卸がスムーズに行ってもそれだけでは良くないです。明日からのこと、考えていますでしょうか?

棚卸を早めに終わらせ、3月からの売場づくりをしないといけません。また、在庫を絞っているなら、明日朝一番の商品の手配などはされていますでしょうか?

お客様にとって棚卸は関係ないです。興味もないです。
棚卸をして新しくなった店に期待されています。だから、配置換えなどを行い、さらに良い店にする必要があります。

それと棚卸に合わせて、翌日、大きな新聞折り込みチラシを入れる店もあると思います。それくらいやるのが良いです。

また、今週の販売計画、3月の販売計画はもうできていますか?
それもチェックして下さい。

春がやって来ます。
どんどん気温も上がります。
綺麗に整理整頓し、春の売場、作りましょう!

棚卸日は、商品を数えるだけでなく売場を変える日。
それをしないと売上は上がりませんので注意して下さい。
タグ:棚卸
posted by ノムリエ at 10:52| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中小企業の人事制度の悩み】降格のない会社は良い会社?

昇格はあっても降格はないという会社が多いです。一度付いた役職は、そのまま継続。しかし、何か見直していかないと、現状に甘えてしまい良くないです。

それと、停滞している人、問題がある人、もう少し頑張って欲しいと思っている人がおられます。そういう人の処遇をどうするかです。

成績が良くなければ降格させるという厳しい会社もありますが、それをやり過ぎると人は離れて行きます。

降格すると給料にまで影響してきますので、本人にとっては大問題です。

だから、気になる社員の方がおられたら、面談を行い指導教育をしっかりと行うことです。
 
また、会社の方針としても降格はないが、会社に貢献してもらうことが大事であることを伝えて下さい。それとどういうことをして欲しいのかをはっきりと伝えて下さい。

これを何回か繰り返して、良くなればよいですが、それがなかなか上手く行かないのが現実です。でも、その場合は昇給はなしです。現状維持になります。

降格がない会社だと安心しないこと。そういう甘えた環境を作らないように注意して下さい。

社員の給料を上げるためには、みなで頑張らないといけない。そういう危機感を持って欲しいです。

役職以上の仕事をすること。
それが良い会社の条件です。
それを理解させることが大切です。
posted by ノムリエ at 06:10| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

2016年02月27日のつぶやき






posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【個人飲食店の経営法】美味しいものづくりの中に量も入っている

飲食店で大事なのは、おいしものづくりです。
個人店では特に大事です。

冷凍ものを使わない。
外国産のものを使わない。
いろんなこだわりがあると思います。それをPOPやSNSで伝えて行くことが大切です。

それともう一つ気になることがあります。それは量です。お客様が美味しかったと感じるのはお腹いっぱいになったという意味も含まれています。

もうちょっと欲しかったなぁと思う量では、高評価していただけません。量もしっかりあることが条件です。

お腹いっぱい食べて帰っていただく。
それを経営理念にされている店もあります。

チェーン店が増えて来ている時代だからこそ、業界平均原価率を超えているとわかるようなメニューを出している店が繁盛しています。

周りの店と比較しても、量が多いこと。
これも重要なポイントです。

お客様はどうしてもお得感のある店を選択されるからです。

単に美味しいだけではダメ。量も多いこと。
それがお客様の評価です。
posted by ノムリエ at 07:56| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【従業員の立て直し】新年度を迎える前に面談のススメ

何を考えているか?
何を思っているか?

普段会話がないとわかりません。
それに自分はできていると思っているかもしれません。

従業員数が多くなったり、店舗数が多くなると顔と名前もわからない人が出て来ます。そのため、店長任せになっています。

人の問題を解決しない限り、店は良くなりません。本音で相談できる人が体操するのが良いです。そうすると、その役割は社長しかいないことになります。

グループ面談のような形でも良いと思います。みんなの意見を聞いてあげる。その上で、どういうことをして欲しいのか、守って欲しいのかをしっかりと伝えることです。

会社の考えとズレている人がいないようにして下さい。また、気持ちの入った仕事をするように指導教育を行って下さい。

従業員と話す機会が少なくなるのは危険です。
個別面談を行い、指導教育するのが理想です。
新年度を迎える前に是非、そのような機会を設けて、立て直しを図って下さい。
タグ:面談
posted by ノムリエ at 06:01| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

2016年02月26日のつぶやき












posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【トップ・リーダーの条件】ズルい人にならない 〜厳しいこと言っていますか?〜

逃げていませんか?
わかっていても直接言うと、角が経つ。
何となくわかって欲しい。

自分も相手も気付かないようにしたい。
これでは無理です。

ズルい人にならない。
言いづらいこと、厳しいことを言って下さい。

「できない」と言わせない。
「やってみます」と言わせる。
これが仕事です。役割です。

厳しいこと言わないと、多くなりました。
でも言わないと気付きません。
良くなりません。

嫌われ役、やって下さい。
そういう人がいないと会社も組織も良くなりません。

間違っている時は、呼び出して注意する。
それが良いです。
また、それを期待されているかも・・・

ズルい人にならない。
約束して下さい。
posted by ノムリエ at 18:23| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲食店の販促戦略】餃子一皿無料券 〜大手チェーン店の販促企画より〜

新聞折り込みチラシやフリーペーパーによく付いています。

えっ!そんなので効果があるのぉ?という方がおられるかもしれませんが、効果があるみたいです。

意外と男性の方が財布にしまっておいて、使うようです。
大事に持っておられる方は、給料日や何か良いことがあった時に、使われます。

ランチなどを食べると「デザート無料券」をいただくことがありますが、男性は餃子のような食事メニューの方が良いです。

こういうメニューがあると集客しやすいです。
単価が低く、人気のメニューで同様のことができないか考えてみて下さい。
posted by ノムリエ at 09:21| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【経営相談のあり方】食事をしながら打ち合わせに参加して欲しいという相談依頼について

この手の話、上手く行ったことはないです。
食事をし、お酒が入ると盛り上がります。その勢いで話を進めようとするのでやっかいです。

冷静な目で話をすることが大事です。私からすると、なぜ昼間、事務所や会議室で話をしないのか不思議です。

お酒の力を借りても掛け声だけです。ビジネスの中身は変わりません。

だから、いつも丁重にお断りしています。
それと、「何でも電話下さい。私の知っていることだったらお伝えします。」と言うのですが、顔を見たい。見せて欲しいという方もおられます。

それでも行きません。形になっていないからです。特に男性の場合、集まって話をするのが好きです。また、各ジャンルごとにプロフェッショナルが集まっても同じです。

みんなで集まれば何か良いアイデア、良い話が出て来るのではという期待感がありますが、それはないです。期待しない方が良いです。

逆に成功される方は、相談時間が早いです。会社の始業時間前に来て欲しいとおっしゃいます。頭の中に相談したいことがあり、それを早く解決し、スッキリさせたいのでしょう。

夜の打ち合わせ、頭も疲れています。良い答えは出ないでしょう。
気持ちが少し高ぶるだけです。
注意されて下さい。

タグ:経営相談
posted by ノムリエ at 06:14| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

【リーダーの条件】仕事をしていると思っているという意味

間違ったことはしていない。
しかし、何かもう一つしっくりきていないと思っている。

時間通り帰っていませんか?
指示された仕事だけしていませんか?

周りが見れていますか?
自分の役割は理解していますか?

マイペースで仕事をし、自分では良いと思っていても周りはどう見ているかわかりません。また、厳しい評価をされています。

家庭が優先なのもわかりますが、それだけでは誰も認めてくれません。
そういう雰囲気も見せては良くないです。

自分で気付くか、周りがそっと教えてあげて下さい。

仕事をするという本当の意味。
それがわかった瞬間、変わると思います。伸びると思います。

それが今一番気になっていることです。
posted by ノムリエ at 20:30| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲食店経営の難しさ】オーナー・店長の両方が報酬を得る?

オーナーと店長が別の場合があります。店の売上は、当然、オーナーの手元にも行くように、残るようにしないといけませんが、店長の給料が出るかどうかもわからないのに、厳しいです。

投資をしたのだからという気持ちがあるのはわかりますが、飲食業はそんなに甘くはないです。

また、いろんな方が出資していたり、関わっているとさらに利益を出さないと分配できません。

飲食店は、個人でやるのが一番儲かります。夫婦とか、家族が良いです。

パート・アルバイトさんはたくさんおられても良いですが、経営陣がたくさんいると損益分岐点は上がり、メニュー単価が必然的に上がります。そうすると、客数は増えません。

理想は、オーナー兼店長の方が店を経営すること。
そういう形が良いです。

最初から、人が集まって儲かる話をしても難しいです。
タグ:飲食店経営
posted by ノムリエ at 19:51| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日のつぶやき


posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

2016年02月24日のつぶやき










posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【店長の立て直し】店長研修よりも店長の個別指導

店長研修が必要でしょうか?

普通、問い合わせ・相談がある時は、店長研修がほとんどです。しかし、研修だけでは人は変わりません。育ちません。研修後のフォローが大事です。

あるいは、個別指導の方が良い場合があります。

特定の人に聞いて欲しい。それと直接、そのことがわからないように店長・店長候補全員が集まって研修を開催されますが、本人にどこまで伝わっているが疑問です。

それよりも育って欲しい、変わって欲しいと思われる該当者に一人ずつ個別指導した方が効果があります。

いろんな思い、状況はあると思いますが、店長研修を超える方法を考える必要があると考えます。

店の立て直しよりも店長の立て直し。
その方がコストもかからず、根本的な問題解決になります。

店は店長次第。
少しでも気になる人がおられたら、個別指導されることをおすすめします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 10:44| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲食店の経営戦略・出店戦略】地域に密着した店づくりがおすすめ

新地や梅田・心斎橋などの繁華街に店を出したいという夢をお持ちの方がおられます。今の店が繁盛すると、次はそちらへ意識が行きます。

さて、成功するでしょうか?

私のコンサルティングも街中のお店がほとんどです。新地や梅田のお客様はないです。依頼も来ません。なぜかというと、オシャレな店を作らないと流行らないからです。そういうことは得意ではないです。

内外装にお金をかけずに売上を上げて行くことを基本的に行います。

それと同じ商売でも客層が異なることをご理解されていない場合があります。地元の商売の場合、客層はファミリーが中心です。新地や梅田にはファミリー客はいません。そのため、いつも新しいことを行い、注目されるような仕掛けをしないといけません。

そういう場所では、順調に行っても3年後、ガクッと売上が落ちます。後から斬新で良い店がどんどん出て来るからです。それとお客様が飽きられます。

だから、大手の大型店も家賃が高く客層が異なる新地や梅田には出そうとされません。ファミリー客を対象とした方が有利だからです。

地元の商売は、リピーター客を作りやすいです。気に入っていただければ、月何度も利用してくれます。

また、新地や梅田に出して失敗する要因は、価格を上げることです。新地で商売するなら、これくらいはいただいても良いのではとか、地代と人件費が高いので、価格を上げないと利益が出ないからです。

ところが、安くておいしいと評判だった店が、普通の店になってしまいます。逆に、今の店よりも安くして出店するくらいの戦略が必要です。

地元の方に愛される、息の長い商売をする、それが一番大切だと考えています。
そういう店を作りたい、やって行きたいという方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
全力で支援サポートさせていただきます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
タグ:出店戦略
posted by ノムリエ at 08:54| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

店長が信用を失う時・・・

忘年会・新年会・送別会などの欠席。
どうしてもというのなら別ですが、1ヵ月前から決まっていたこと。
みんな知っています。

これをすると、信用をなくします。
そういう人なんだと。。。。

もう挽回は無理です。
一生レッテルが付いて回ります。

だから、周りのかたも出席するように説得して下さい。

このことだけは、コンサルタントでも無理です。

店内がギクシャクし、信用がなくなると、上手く行きません。
そういう店をいくつか見てきました。

逆に先頭に立って会を行って欲しいです。
入口で待っていた、みんなを出迎える。
そういう姿勢が欲しいです。

意外とこのことは一番大切なことです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
タグ:店長
posted by ノムリエ at 07:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【良い会社づくりの秘訣】人の問題を解決できる人、社内にいますか?

売上や仕事だけを追いかけていると会社や店はおかしくなります。
それと、常に出て来るのが人の問題です。このことを避けていたり、ほったらかしにしていると良くないです。積極的に人の問題を解決できる人が必要です。

規模の小さい中小企業では、社長や奥さんがその役割を果たされていますが、規模が大きくなると総務部になります。ところが、現場のことがわかっていない形ばかりの総務部が、いろんなことに相談に乗りますので、気軽に来て下さいと言っても誰も行きません。

相談というのは、信頼している人に対して行うものです。信頼関係がないと相談には行きません。

従業員のことをよく知っていて、いつも普通に会話していることが条件です。この人ならと思ってくれているかどうかです。

役職が上がると、このことが物凄く大事です。売上を作る以上に人間的に成長し、誰からも信頼されることです。相談者に来る人、いますか?それで、その方の信頼度がわかります。

徐々に人の問題について意識して関わって下さい。会社や店、組織というのは人次第です。

相談する人が社内はいなかったというような悲しいことが起らないように注意して下さい。常に温かく見守りながら、相談に乗ってあげる。
そういう人になって下さい。会社もそういう人材を作って下さい。

それと、うちは何もないですという方がおられますが、表に出て来ていないだけで、みんな思っていることが必ずあります。それを上手に聞いてあげて下さい。

給料や職場環境以上に、この人の問題について解決することが大切です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
タグ:人の問題
posted by ノムリエ at 05:53| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

2016年02月23日のつぶやき








posted by ノムリエ at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【絶対にやってはいけないこと】お客様を怒らせる

飲食店などでお客様を怒らせてしまうと、二度と利用されません。

気分を害することがあると、食事を中断し、帰ってしまう方もおられます。

食事券や金券をお渡ししても受け取ってくれません。無言で帰宅です。

その怖さをスタッフは知っておくべきです。また、そのことをきつく指導教育しておく必要があります。

一人のお客様を逃すとどれだけ大きなマイナスになるか、理解してもらって下さい。

細心の注意を払って仕事をする。特別なことをしなくても良いです。普通に間違いのないようにやるだけです。

少しでも気を緩めるとお客様を怒らせてしまいます。

だから、店舗運営における「絶対にやってはいけないこと」の第一条は、「お客様を怒らせない」にしています。

どのような店であっても、このことを再度、確認して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 11:47| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする